申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

子供の成長に合わせて最適なタイミングで矯正を

歯髄炎とは

患者様個人に合った治療計画を提案

歯髄炎とは

どんな病気か

C1、C2の虫歯に引き続いて起こる病気で、歯髄(歯の中心部にある神経や血管の通っている部位)に細菌が感染して炎症をおこしたものです。

症状

急性で軽い場合は、冷たい飲み物や食べ物、冷たい空気などの刺激で痛みますが、一過性ですぐに痛みが治まってしまう場合があります。進行すると、温かい飲み物を飲んでもズキズキと耐えがたい痛みが起こり、常時痛みが続くようになります。なかには、普段は激痛がなくて、虫歯の孔に食べ物が入ってきた時に痛む慢性の歯髄炎もあります。慢性になると、痛んでは自然に治まることをくり返すようになります。

原因

一番多いのは、虫歯を治療せず放置しておいたため、象牙質が崩壊して歯髄に達する孔があき、細菌が感染して炎症をおこすものです。

激痛がおこるのは、歯髄が炎症をおこし、歯髄のなかに通っている血管が拡張し、充血して血液量が増えるからです。歯髄は硬い象牙質で囲まれているため、血液量が増加すると、歯髄内の内圧が高まり、神経線維が強く圧迫されて痛みがおこります。

深く孔のあいた虫歯や虫歯を治療した歯が、冷たい飲み物などに敏感に反応して痛んだり、就寝時に痛んだりする時は、歯髄炎と考え、出来るだけ早急に歯科医院での治療を受けましょう。

治療

注射麻酔をして、歯髄を取り除き(抜髄)、歯髄が通っていた管に薬剤を詰めて塞ぎ(根管充填)、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などの処置をおこない咬めるようにします。治療が完全に終了するまでは少なくても5~6回の通院が必要です。

激しく痛む時は、市販の鎮痛剤を内服すると一時的に痛みが止まることもあります。ですが、歯髄炎は自然に治ることはありません。このようなことをくり返していると病状が進行し歯根膜炎を引き起こす可能性があります。

歯髄炎の応急手当

夜中などに歯が痛む原因は、大きく分けて歯髄炎と歯根膜炎の2つが考えられます。歯髄炎か歯根膜炎かによって、家庭で行う応急手当は違ってきますが、応急手当で痛みが消えても絶対に放置してはいけません。また再発したり、さらに病状が進行してしまいますので、出来るだけ早急に歯科医院で治療を受けるようにしてください。

歯髄炎の場合、ズキズキとする激痛がおこってはおさまることをくり返します。また、冷水を口に含むと痛みが激しくなる場合がありますので注意してください。

①ぬるま湯で口をよくすすぎ虫歯の孔の中の食べカスを洗い流す
②唾液が入るとしみて痛むので細長い脱脂綿を虫歯の両側に置き唾液が入らないようにする
③小さな綿球で虫歯の中の水分をふき取る
④歯痛用の薬剤を小さな綿球にひたし虫歯の孔の中に入れ、その上から綿球でフタをする
⑤それでも痛みが治まらない場合は鎮痛剤を服用する。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約