申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

子供の成長に合わせて最適なタイミングで矯正を

歯と歯肉の仕組みと働き

患者様個人に合った治療計画を提案

歯と歯肉の仕組みと働き

咀嚼(そしゃく)とは

消化作用は、口の中に食べ物が入ってきた時から始まります。食べ物は、歯でよく砕かれたあと、唾液と混ぜ合わせることによって飲み込みやすい状態になります。この過程を咀嚼といいます。

咀嚼は、歯と歯肉のほか、下あご、舌、唇、下あごを動かす筋肉、唾液を出す唾液腺、舌に存在する味を感じる細胞群の味蕾などの総合的な働きによって成り立っています。口の中に入った食べ物は、舌、唇、ほほの動きによって上下の歯の間に運ばれ、下あごの運動によって噛み砕かれ唾液と混ぜ合わせることで飲み込みやすくなります。

歯の仕組みと働き

歯は氷山のように約3分の1が外に出ていて、残りの部分は歯肉(歯茎)の中に埋まっています。

外に出ている部分の表面は硬いエナメル質で覆われています。このエナメル質は無機質(カルシウム)を多く含み、人体の中で最も硬い部分で、水晶よりも硬い硬度をもっています。

歯肉の中に埋まっている歯の表面は、セメント質で覆われています。エナメル質とセメント質で覆われている内側には象牙質があり、この象牙質の部分は有機質が多く、カルシウム分が少ないため、材質がもろく、虫歯などの病変がここまで浸食してくると、その後の病変が急速に進行してしまいます。

象牙質の内側には、血管(動脈、静脈)と神経が存在する歯髄があります。

歯は、生え終わると成長を止めて死んだ組織になると思われがちですが、歯髄内の血管と神経の働きを受けて、成長を続けている組織です。例えば表面の硬いエナメル質は、咀嚼や歯ぎしり、歯ブラシにより磨耗し、少しずつ減っていくことがあります。このような慢性的な刺激が加わると、歯髄側に新しい象牙質(第2象牙質)が極めて徐々にですが生成されていきます。このように歯が成長を続けられるのは、歯髄内の血管を流れる血液から、絶えず栄養と酸素が送られてくるからです。

また歯髄は、外から歯を傷めるような有害な刺激が加わった時に、防御反応をおこして歯を保護する働きもします。このように、歯に対し重要な役割を担う歯髄を失うと、歯の成長が止まってしまうため、歯髄を簡単に取り去ることは禁物です。

歯髄の神経は、冷たい、熱いなど、その他の全ての刺激を痛みとして感じてしまうのが特徴です。また、虫歯が歯髄まで達すると、冷たい水を口に含んだだけでも歯にしみて痛いと感じるのはこのためです。

歯肉の仕組みと働き

歯肉の中に埋まっている歯の部分は、歯槽骨という顎の骨の間にすっぽりと収まっています。

この歯槽骨と歯の表面を覆っているセメント質の間には、強い繊維の束から歯根膜という組織が存在し、セメント質と歯槽骨をしっかりと結び合わせています。

セメント質、歯根膜、歯槽骨といった組織の上を覆っているのが歯肉です。この歯肉で覆われることでこれらの組織を保護する一方で、歯並びを正常に保つ働きもしています。また歯肉は、食べ物を噛んでいる時に、歯の間からあふれ出た食べ物が接触する性状を感知し、例えば魚の骨などの尖ったものなどの危険物があるとそれを発見するという働きもしています。そのほか、歯と歯の間の三角形に盛り上がった歯肉の部分を歯間乳頭といいますが、この部分は食べ物などが歯と歯の間に挟まるのを防いでいます。

健康な歯肉は、ツヤのあるキレイなピンク色をしていて引き締まっています。黒ずんだりして歯肉の色が変色してきたり、プヨプヨと腫れてきた時は歯肉に何かの病気が進行している可能性があります。歯と歯肉の間はぴったりと塞がれているのが正常な状態ですが、ここに隙間(歯周溝/歯周ポケット)ができると歯石などが溜まりやすくなり、歯と歯肉の病気(歯周病など)をおこす原因となってしまいます。

●歯周組織とは

歯は、セメント質、歯根膜、歯槽骨、歯肉といった周囲の組織に支えられて固定されています。これらの歯を固定している支持組織を歯周組織と総称し、歯周疾患と呼んでいます。その代表が歯槽膿漏や歯周病です。

●歯垢と歯石

歯に付着した食べカスに細菌が繁殖したものを歯垢といいます。歯垢には色々な種類の細菌が含まれていますが、その中の「ストレプトコッカス・ミュータンス」という細菌が歯を溶かしてしまうのが虫歯です。

歯垢は歯に粘り付いていて、口をすすいだり、軽く歯を磨いた程度では除去することは出来ませんので、毎食後の正しい歯磨きを行って除去することが必要です。

歯垢は、磨きにくい下あごの前歯の内側、上あごと下あごの大臼歯の外側に溜まりやすい傾向にあるため、特に念入りに歯を磨くことが大切です。

歯に付着した歯垢に、唾液中のカルシウムやリンが沈着してできた硬い石のような塊が歯石で、口臭の原因となるばかりではなく、歯肉を刺激し、歯槽膿漏や歯周病を起こす大きな原因となります。

歯石になってしまうと、歯磨きでは除去することが出来ません。歯と歯肉の健康のためには、年に1~2回程度、歯科医院の定期検診を受け、歯石を除去してもらうのが理想的です。

歯と歯肉のおもな病気

●歯のおもな病気

歯垢に繁殖した細菌の作用によってエナメル質が溶けてしまうのが虫歯です。放置してしまうと虫歯が進行し歯髄まで浸食してしまいます。歯髄まで浸食してしまうと歯髄炎となり、さらには歯根膜炎といった歯周疾患にまで発展してしまい、さらには顎の骨、歯槽骨まで浸食してしまいます。

●歯肉のおもな病気

歯に歯垢や歯石が溜まると、その刺激で歯肉に炎症がおこります。これが歯肉炎で、これを放置しておくと歯周組織が破壊され、歯がグラグラ動くようになります。これが歯槽膿漏です。

そのほか、奥歯の生え方が不正なために歯肉に炎症がおこる智歯周囲炎、歯肉が増殖肥大してくる歯肉増殖症、腫れ物が発生するエプーリスといった病気がおこることがあります。

●歯と歯肉の病気の予防

毎食後に行なう正しい歯磨きで、たいていの歯と歯肉の病気は予防できます。また、歯槽膿漏の場合は、この歯磨きが治療の重要な役割を担っています。但し、正しい方法で歯磨きを行うことが大切で、誤った方法で歯磨きをすると逆に歯や歯肉を痛めてしまい磨耗症を起こすことがあります。

歯の生える時期と歯並び

歯の数は、上下合わせて乳歯が20本、永久歯が一番奥にある第三大臼歯(親知らず)を含めて32本ですが、第三大臼歯は約3分の1の人は生えてきませんので、永久歯は28本です。

●歯のできる時期

乳歯は、妊娠7~10週で歯になる芽が出始め、妊娠4~6ヶ月ごろには歯の形が出来始め、生後6ヶ月ごろから生え始め、2~3歳には全部の歯が生え揃います。

永久歯は、妊娠3~4ヶ月から生後8~9ヶ月までの間に芽が出始め、生後2~3歳の間に歯の形が出来始め、6~12歳で全部の歯が生え揃います。(第三大臼歯は除く)

このように、歯は妊娠初期から出来始めるので、子供の歯を丈夫にするには、妊娠初期から歯の成長を促すカルシウムやビタミンDの摂取が不足しないように注意することが大切です。

●歯の生える時期

歯が生えるのは、男児よりも女児の方が早い傾向にあります。また、歯が生える時期は個々によってかなり差がありますが、上下の同じ歯が生え揃うのは、平均すると乳歯で生後6ヶ月~3歳、先に下の歯が先に生えてきます。

永久歯の場合6~12歳で生え揃い、一番遅く生える第三大臼歯が20歳前後となります。

●乳歯の生える時期

生後6ヶ月ごろから下あごの前歯(乳中切歯)が生え出し、前から奥に向かって順番に上下の歯が生え、2~3歳の間には20本の乳歯が全部生え揃います。

●永久歯の生える時期と歯列の完成

6~8歳になると乳歯には無い第一大臼歯が生え始め、同じころに中切歯と側切歯が永久歯に生え替わり始めます。

10~12歳ころには、第二乳臼歯が永久歯の第二小臼歯に替わります。この6~10歳のころは、乳歯と永久歯が混ざって存在している時期で、混合歯列期といいます。

乳歯と永久歯が交替するとき、乳歯に虫歯があったりして早く抜けたり、逆に遅くまで残っているなど交替のタイミングがずれると、永久歯の歯並びが悪くなります。(歯列不正)交替のタイミングがずれやすい歯は、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯の3つで、犬歯の交替のタイミングがずれた場合は、永久歯が歯の列の外側へはみ出してしまい、いわゆる八重歯となります。

乳歯が抜けたあと永久歯が顔を出していなかった時は、抜けた乳歯のあとに保隙装置や仮の入れ歯を入れたりします。逆に永久歯が生えてきているのに乳歯が抜ける様子が見られない時は、乳歯を抜くなどの処置が必要となります。

乳歯には無い第三大臼歯は、17歳ごろから生えめるのが普通ですが、下顎骨の中に埋もれたまま生えてこない人もいますし、初めから第三大臼歯そのものが無い人もいます。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約