申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

ホワイトニングで元の歯の白さに

ホワイトニング

ライフスタイルに合わせたホワイトニングを提案

歯が持つ本来の白さを取り戻す

ホワイトニング

ホワイトニング

当院では3つのホワイトニング方法をご用意しています。どの方法が最適であるかは医師へ気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で専用の機器を使用したホワイトニングです。1回の施術で効果を実感したい方にオススメです。施術中の痛みを感じることが多い歯科医院もありますが、当院で利用している機器は効果が高く、刺激が少ないのが特徴です。

こんな方におすすめ

  • 希望する日までに手軽に歯を白くしたい方
  • 専門家におまかせで施術してもらいたい方

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院に通う時間が難しい方や仕事場や自宅の好きな時間にできるのが、ホームホワイトニングです。使い方は簡単で作成したマウスピースにホワイトニングジェルを塗り、お口にはめて使用します。

こんな方におすすめ

  • 通院はできるだけ少ない方がいい方
  • 歯の白さを長持ちさせたい方

ディアルホワイトニング

ディアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのメリットを最大限引き出すのが、ディアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングで白くした歯を継続的に保てるようにホームホワイトニングを行っていく方法です。

こんな方におすすめ

  • オフィスホワイトニングの効果を長続きさせたい方
  • せっかく歯の白さを体感できたものを後戻りさせたくない方
  • 歯の黄ばみが少し強い方
  • オフィスだけ(ホームだけ)では満足いく効果が得られなかった方

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング後は、施術前と比べて歯が着色しやすくなっています。ホームホワイトニングを行っている際は、色の濃い食品には注意してください。

色の濃い食品(飲み物)を口にしたときは

色の濃い食品(飲み物)を口にしたときは、早めに歯みがきをして着色を防いでください。すぐにできない場合は、お水で口をすすいだりするのも効果的です。
※ホワイトニング以前より着色しやすいというわけではありません。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯磨きや歯のクリーニングなどでは落としきれない茶渋やコーヒーや紅茶などによる歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。歯を削ったりするのではなく、色素を分解し歯の明度をあげて白くしていきます。

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化され現在では主流となっています。また日本ではホワイトンイングと呼ばれるのが一般的ですが、開発国のアメリカではブリーチングと呼ばれています。がしかし、ブリーチングという言葉が強い薬品をつかって漂白するということを連想させるため、現在ではアメリカでもホワイトニングという言葉が好まれるようになってきました。
ホワイトニングは大きく分けると2種類に分類されます。

まず、歯科医院などで歯科医師や歯科衛生士が行う「オフィスホワイトニング」、もう1つは、歯科医師の指導のもと、自宅で自分自身が行う「ホームホワイトニング」です。ホワイトニングはこの2種類が主流となっていますが、この2つを組み合わせたホワイトニング法で、デュアルホワイトニングという方法もあります。2つの方法を組み合わせることにより、それぞれの良さを取り入れることができ理想的なホワイトニングが可能になります。短期間で白い歯となり、その効果もどちらか片方のホワイトニングを行うより長持ちします。

ホワイトニングの効果は個人によって差があります。元々歯の色が濃い人や着色が濃い人、またコーヒーなどの着色性食品を好む人はホワイトニングの効果が出にくく、ホワイトニング後の再着色も起こりやすくなります。ホワイトニングはメンテナンスが不可欠で、一度白くすれば終わりというものではなく、半年くらいから再着色がはじまりますので定期的にお手入れが必要となります。また、普段のブラッシングでも研磨剤入りの歯磨き粉を使用するなどして自分でのケアも大切です。

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトングとは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士がホワイトニングを行う方法です。濃度の高いホワイトング剤を使用し、レーザーや紫外線などの光を当て短時間で歯を白くすることができます。歯に着色した色素だけを分解できるので、歯を削ったりする必要はありません。

オフィスホワイトニングのメリットは、即効性があり短期間で歯が白くなるということです。また、歯科医師や歯科衛生士が治療を全て行うため、安全かつ手間が掛らないのもメリットのです。
反対にデメリットとしてあげられることは、即効性がある分、効果が長持ちしないという傾向があります。そのため、定期的にケアを行い歯磨きや生活習慣を改善する必要があります。また、医院によって違いはありますが、オフィスホワイトニングを行った際、24~48時間は禁煙を指示されたり、24時間は着色性の強い飲食物は制限されることがあります。

オフィスホワイトニングの効果

オフィスホワイトニングの効果は、着色度合にもよりますが平均して3~6ヶ月ほどです。即効性がある分、持続力が短くなっています。医院での定期的なケアはもちろん必要となりますが、自分でも常日頃ブラッシングケアを行う必要があります。

オフィスホワイトニングの効果

ホームホワイトニングとは、その名の通り自宅で行うホワイトニングのことです。歯科医院などで作成したマウスピースに、ホワイトニング剤を入れ自宅で数十分から数時間程装着する方法です。

日本では、まだあまりホームホワイトニングが普及していませんが、ホワイトニングの開発国アメリカでは最もポピュラーなホワイトニング方法です。また、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングのアフターケアにも使用できるため、ホームホワイトニングを同時に行うことがベストです。
ホームホワイトニングのメリットは、効果が長持ちするということです。オフィスホワイトニングが平均3~6か月なのに対して、ホームホワイトニングは平均1~2年の持続力があります。また、自分のペースでホワイトニングができるので、徹底的に歯を白くしたいという人にはベストな治療方法といえます。しかし、即効性がないためすぐに歯を白くしたいという人にはお勧めできません。大体、白さを実感できるようになるには2週間以上かかることがあります。また、自宅で治療を行うので、薬剤の塗布から装着、ケアまで全て自分で行う必要があります。

ホームホワイトニングは、自分自身で行うため自分のペースで行いがちですが、しっかりと医師の指示に従って行うことが大切です。もっと白くしたいからと言って勝手に回数を増やしたり、時間を延長したりすると知覚過敏を引き起こす原因となってしまいますので注意をして下さい。また、ホワイトニング期間中は、着色性の強い飲食や喫煙を控えることが重要です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、即効性はありませんが持続力があります。効果として現れるまで2週間以上掛る場合があるので、なかなか効果を実感することが出来ません。ですが、持続力は平均して1~2年ほど効果が持続しますので、徹底的に歯を白くしたいという人には適した治療法です。

ただし、ホワイトニング期間中は着色性の強い飲食は控えること、喫煙を控えることが効果を持続するためのポイントとなってきます。特に、喫煙はホワイトニングの天敵とも言えますので、生活習慣をしっかりと見直すことも大切です。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約