申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

子供の成長に合わせて最適なタイミングで矯正を

歯槽膿漏(慢性辺縁性歯周組織炎、歯周疾患、歯周病)とは

患者様個人に合った治療計画を提案

歯槽膿漏(慢性辺縁性歯周組織炎、歯周疾患、歯周病)とは

どんな病気か(最近は若年者にも増えている疾患)

歯槽膿漏とは慣用語で、正しくは慢性辺縁性歯周組織炎といいますが、歯周疾患、あるいは歯周病と呼ぶこともあります。

歯槽膿漏は、歯を支えている歯周組織が徐々に壊され、歯がグラグラしてきて、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

●病気になりやすい人

歯槽膿漏になる人は非常に多く、人種や男女の区別なく発生します。年齢と密接な関連があることは世界各国の統計からも明らかで、日本の場合でみても30歳代で60%、40歳代で70%、50歳代で80%の人が歯槽膿漏にかかっているというように、加齢とともに発生率が高くなり、更年期以降に歯を失う主な原因となっています。また、若年層には比較的少ない病気だったのですが、近年では若い人たちにも増えている傾向にあるといわれています。これは、現代の食生活や社会環境が歯槽膿漏になりやすいためとも考えられ、その意味で歯槽膿漏は一種の文明病といわれます。しかも、若年者の歯槽膿漏は進行が早く、すぐに治療を開始しないと若くして総入れ歯ということにもなりかねません。

原因(歯垢による歯肉の炎症が原因)

歯槽膿漏は、まず歯肉炎の症状から始まります。

口の中を不潔にしておくと、歯に歯垢が大量に付着し、そこに増殖した細菌から出される毒素や酵素の刺激で歯肉に炎症がおこります。健康な歯肉には、細菌などの刺激に対する抵抗力があるので多少の歯垢が付着した程度では普通は炎症はおこらないのですが、繊維(セルロース)が少なく、やわらかく、口の中を清潔にする自浄作用の少ない現代食は歯垢が溜まりやすいといわれています。

特に歯並びが悪かったり、詰め物や被せ物などの処置をしている部位に歯垢が溜まりやすく、また長期間歯垢が付着した状態が続いてしまいます。

このような歯肉の炎症は、ほとんどの人に多少なりとも存在するのですが、炎症が歯肉だけにとどまっていれば、リンゴなどをかじる時に歯肉から出血する程度で咀嚼には支障ありません。しかし、歯肉の炎症が長期間続くと、歯と歯肉を連結させている歯肉中の結合組織(コラーゲン線維)が破壊され、歯と歯肉がはがれてきて歯周ポケットという歯と歯肉の隙間ができ、そこに歯石が沈着するようになります。そうなると、歯周組織の形態や機能が障害されていきます。また、長期間続いた炎症のために歯を支えている歯槽骨も破壊されて、歯がグラグラと動く様になり、放置すると自然に歯が抜けてしまいます。

このように歯槽膿漏の原因は、口の中を不潔にしたための歯肉の炎症ですが(局所原因)、炎症が深部へ波及し、歯周組織を破壊して歯槽膿漏をおこすかどうかは、歯肉に加わる刺激の大きさと持続時間、歯周組織の抵抗力の強弱によって違ってきます(全身的原因)。
局所原因は発炎因子(炎症をおこす因子)、全身原因は歯槽膿漏の促進因子と考えられていますが、いずれにしても局所原因が存在しなければ歯槽膿漏は発症しません。その局所原因は、大量の歯垢の停滞なのです。

症状(歯がグラグラし、やがて抜ける)

健康な歯肉は弾力性があり、薄いピンク色をしていますが、歯槽膿漏をおこしてくると、歯肉が赤くなったり、黒ずんだり、弾力性が無くなり柔らかくなってきます。この段階ではリンゴをかじった時に出血する程度で咀嚼にも支障はありません。この段階を過ぎて、歯周ポケットが形成され始めると、歯茎を押すと膿が出たり、血が出るようになり、口臭が酷くなってきます。

より病状が進むと、歯槽骨の破壊が進み歯がグラグラ動くようになり、歯が移動して隣の歯との間が広くなってきてやがて歯が抜けてしまいます。こうなると、食べ物を咬む時の負担が隣接している歯にかかるようになり、その歯もグラグラ動いて抜けるようになるといった具合に、全体の歯におよんでいきます。

治療(正しい歯磨きが治療の基本)

最も大切なことは、歯肉の炎症の原因となっている歯垢を除去し、炎症によって破壊された歯周組織の形成を回復させ、自然治癒が可能になる口腔環境をつくることです。

その手段として最も効果的なのは、歯磨き(ブラッシング)です。正しい歯磨きは、歯科医院の指導で習得することが必要ですが、毎食後に患者様ご自身が歯磨きを行なわなければ効果はありません。その意味で歯槽膿漏の治療は、糖尿病や高血圧の食事療法と同様、患者様ご自身の理解と努力がなければ成功しません。

●初期の歯槽膿漏の治療

歯科医院を受診し、歯の周りに硬く付着した歯石を取ってもらい、その上で正しい歯磨きを根気よく続けることで治すことが出来ます。歯磨きがなぜ大切かというと、歯垢を取り除いて歯石の沈着を防ぐだけでなく、歯ブラシで歯肉に刺激を加えると歯肉の上皮が強くなり、血液の循環もよくなって炎症がおさまります。その結果、歯槽膿漏の進行は止まり、初期症状のものは治癒します。

歯垢を完全に取り除く方法として、フロッシングという器具を使って歯と歯の間などに溜まった歯垢をとる方法もあります。

不適合な入れ歯や被せ物が原因で炎症を起こしている場合は、これらを調整したり除去して形態を修正します。また、元々歯並びや咬み合わせが良くない場合は、歯列の矯正や咬み合わせの調整が行われることもあります。

治療の基本は患者様ご自身の歯磨きであり、毎食後丁寧にブラッシングすることによって歯肉の上皮を強くし、細菌などに対する抵抗力が高まる効果も期待できます。

●進行した歯槽膿漏の治療

歯周組織が破棄され、歯の周囲に深い歯周ポケットがある時は、その中に歯石が沈着していて完全に歯垢や歯石を取り除くことが出来ません。そのため変形した歯周組織の形を修正するための簡単な手術が必要になってきます。この手術は歯垢や歯石を完全に取り除くためのものです。

歯がグラグラと動く場合は、隣り合った歯を連結して固定させ、動かないようにします。連結の仕方はステンレスの細いワイヤーで結び合わせる方法や、歯を削ってブリッジのように金冠をかぶせて歯と歯をつなぎ、セメントで固定する方法などがあり、歯の状態によって使い分けます。また、歯の移動がおこって歯並びが悪くなった場合は、歯並びをよくする矯正歯科治療を行います。歯が抜けて、残った歯に大きな負担が掛る場合や、咀嚼も出来ない場合は入れ歯やブリッジで補います。

このように、歯の矯正や入れ歯などの治療を受けても咬み合わせが改善されない場合があります。その時は、咬み合わせをよくする咬合調整や、咬み訓練をするオーラル・リハビリテーションが必要になります。

●薬による治療

歯槽膿漏は様々な原因が重なって発病する慢性の病気であり、特効薬やありません。歯槽膿漏の治療薬として各種の薬が市販されていますが、家庭で治そうとせず、進行しないうちに歯科医院での治療を受けることが大切です。

歯槽膿漏が急性化し、症状が悪くなってきた場合は、歯科医院によって経口薬(抗生物質)を処方される場合があります。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約