申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

子供の成長に合わせて最適なタイミングで矯正を

歯根膜炎とは

患者様個人に合った治療計画を提案

歯根膜炎とは

どんな病気か

歯髄炎の原因となっている細菌が歯の根元を覆っている歯根膜や歯の骨の一部にまで感染し、炎症をおこす病気です。また、打棒や転倒などの外的要因で歯に強い力が加わったことが原因でおこることもあります。

病状

急性の場合は、虫歯の根元に歯肉(歯茎)が赤く腫れて圧迫すると痛む、歯が浮いた感じがする、噛んだり、歯をたたいたりすると強く痛みを感じるなどの症状があります。痛みは歯髄炎に比べて一般的にやや軽いのですが、持続的で一日のうちで痛み方であまり変化はありません。

さらに症状が進むと、あごの下のリンパ節(顎下リンパ節)が腫れて、押すと痛み、頭痛や発熱を伴うこともあります。慢性になると自覚症状があまりなく、歯が浮く感じや、咬むと痛む程度ですが、放置しておくと歯根先端の骨が破壊されたり、肉芽腫が出来たり、歯茎が膿んで骨に孔があき、そこから膿がジクジクと出たりします。また、歯根膜炎があるためにリウマチ熱、心臓弁膜症、急性腎炎、化膿性関節炎などの病気を引き起こしてしまうこともあり、これを病巣感染と呼んでいます。

検査と診断

患部をたたいたり(打診)、歯茎の腫れなどからも分かりますが、レントゲンで歯を撮影するとより確実に診断できます。

治療

病巣が小さい時は、歯の根の部分をよく消毒し、細菌が完全に無くなってから歯髄を抜いたあとに薬剤を詰め塞ぐ根管充填を行い、そのあとインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などの終末処置をおこないます。治療が完全に終了するまでは少なくても5~6回の通院が必要です。

激痛があって、根管充填が行えない場合は、冷湿布や抗生物質の内服で炎症を抑え、そのあと治療可能であれば根管治療と終末処置を行います。この処置が不可能な時は、歯を抜き、そのあとに義歯やインプラントなどの治療を行います。

歯根膜炎の応急手当

夜中などに歯が痛む原因は、大きく分けて歯髄炎と歯根膜炎の2つが考えられます。歯髄炎か歯根膜炎かによって、家庭で行う応急手当は違ってきますが、応急手当で痛みが消えても絶対に放置してはいけません。また再発したり、さらに病状が進行してしまいますので、出来るだけ早急に歯科医院で治療を受けるようにしてください。

歯根膜炎の場合、歯が浮いたようになり、歯髄炎と同じような重苦しい痛みが続き、原因となっている部分の歯をたたくと痛みがあります。歯髄炎とは逆に、冷水を口に含むと一時的に痛みが和らぐ場合があります。

①虫歯が原因の時は、孔の中の食べカスを取り出す。火で焼いたりして消毒した太い針や金属製の耳かきなどの鋭利な器具で神経に通じる孔があけられると痛みが和らぐことがある

打撲が原因の場合は②以降の手当てを行う。

②冷水を口に含むか、ガーゼなどで歯茎をよく拭いて清潔にしたあと、ヨードチンキなどの消毒液を塗布する

注意:歯根膜炎の場合は、虫歯の孔に歯痛用の薬剤を塗布したり詰めないようにしてください。より腫れが酷くなったり、痛みが強くなり場合があります。

③ほほの外側から冷湿布をする。温めた方が痛みが和らぐようであれば温湿布をしてもよい

注意:ほほの外側から冷やす場合、氷嚢などを直接ほほに当ててしまうと肌を傷めてしまう可能性があるので、タオルなどに包んでから肌に当てるようにしてください。もしくは、冷水で絞ったタオルで冷やすようにしてください。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約