申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

矯正治療について

矯正治療の方法

患者様個人に合った治療計画を提案

たかすぎ歯科のアイコン

矯正治療の方法

●舌側矯正

一般的には歯の表側にブラケットを付けて治療をしますが、装置が目立つために矯正治療を断念している方のために歯の裏側に装置をつける舌側矯正(リンガル矯正)という方法があります。見た目に矯正をしているということかわからないので、矯正をしていることを知られたくない人や、仕事上、矯正装置が見えては困るといった方に最適といえます。ただ、装置を歯の裏側に付けるので食べものが挟まりやすかったり、発音がしづらいといったこともあり、慣れるのにやや時間がかかるといったデメリットもあります。費用も表側の矯正装置に比べて多めにかかる傾向があります。舌側矯正は狭い空間なのでまだ全ての症例に適用するのは難しい場合があります。

●部分的な矯正治療

歯列全体ではなく、1本から数本の部分的な矯正治療を行うことが出来ます。移動したい歯の表側に装置をつける方法と、裏側につけて治療する方法があります。そのほか、取り外し可能な装置で矯正を行うことも出来ます。

部分的な矯正は費用、治療期間の面でも一般的な矯正ほどはかかりません。その点でリーズナプルということはいえますが、やはり部分的な矯正では理想的な歯列と噛み合わせを実現するという面では限界があります。ですから、完璧な歯列を望まれる方には不向きといえます。しかし、完璧ではなくても、気になっているところが改遽されればそれで良いという方にとっては手軽に治療が可能です。ただし、仕上がり等についてよく認識をされて納得した上で治療を受けていただくことが肝心です。また、患者さんの歯列の状態によっては部分矯正では治療不可という場合もありますので、矯正医とよく相談してください。

●アンカースクリュー矯正

歯茎の骨の中に小さな金属のネジを打ち込んで、これを支点として歯を移動させる治療です。支点となる矯正用のアンカースクリューが固定されているため、移動させたい歯たけを確実に動かせるという利点があります。そのため、治療期間を短縮することが出来ます。また、奥歯の遠心移動も可能となり、非抜歯治療への可能性が広がります。思者さんとしては取り外して使う装置の着脱などのわずらわしさから開放され るというメリットがあります。

 矯正用アンカースクリューは、矯正治療終了後に除去します。

●コルチコトミー

骨の造骨作用を速めて、歯の移動スピードを高めようという治療方法です。ブラケットとワイヤーを使用するという方法は同じですが、その際に動かしたいと思う歯の歯槽骨の表面にある硬い骨に浅い切込みを入れることで歯の移動速度を速めます。通常の矯正装置だけの治療に比べ治療期間が6~9ヶ月程度短縮されます。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約