申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

矯正治療について

歯列矯正器具の種類

患者様個人に合った治療計画を提案

たかすぎ歯科のアイコン

歯列矯正器具の種類

●ブラケット

矯正治療を行うにはブラケットという装置を使用します。このブラケットは四角いチップ型をしており中心に溝が切られていて、その溝にワイヤーを通します。金属製のブラケットのほか、セラミック製のものや透明の強化プラスティック製のもの、透明のレジンでできたものなどがあります。金属製のブラケットはやや目立ちますが、丈夫であることと治療の効果がよく出るという点で一般的によく使用される装置です。

セラミック製やプラスティック製の装置は金属製のものほど目立たないというメリットがありますが、ただし、金属のものに比べると破損しやすかったり、歯の移動に多少の時間がかかるといったデメリットもあります。費用も金属製の装置がもっともリーズナブルですが、セラミック製やプラスティック製のものはやや割高になります。

●ワイヤー

歯を移動させるためにはワイヤーの弾力を利用します。その種類は豊富にあり、素材もステンレス製の合金のほか、チタンとモリブデンの合金や、ニッケルチタンの合金で形状記憶の合金なども使われるようになっています。太さの違いのほか、断面が丸いものと四角いものがあります。矯正治療のステップに応じて使い分けをします。

●モジュール類

ワイヤーのほかにゴム(パワーチェーンやパワースレッド)やニッケルチタンでできたコイルスプリングなど、矯正治療の必要に応じてオプションとして使います。こうしたモジュール類は使用するうちに変色や劣化するので新しいものと交換しながら治療を進めていきます。

●保定.装置

橋正治療終了後の後戻りを防ぐためのものとして、取り外しができるリテーナ―という装置を使用します。金属製のワイヤーによるべッグタイプリテーナーのほか、ホーレータイプ、リンガルタイプなど様々な種類があります。歯列全体を覆う透明のクリアタイプのものもあります。

●ヘッドギア

 上あごのヘッドギアは、主に第一大臼歯を後方に牽引することで上あごの成長を抑制することができます。

ヘッドギアの種類は豊富で、その患者さんの治療目的などに応じて使い分けます。

●エクスパンジョン(上あご拡大装置)

子供の矯正治療の際に使用するもので、子供のうちはあごの骨の中央にある縫合の部分がまだしっかりと結合していないので、拡げることで成長を促すことが可能となります。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約