申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

矯正器具

デーモンシステム2

患者様個人に合った治療計画を提案

たかすぎ歯科のアイコン

デーモンシステム2

●デーモンシステムでの治療期間

デーモンシステムの治療期間は、従来の矯正治療装置の治療期間と比べるとかなり短縮することができます。

平均的な矯正治療の場合の治療期間は、約8ヶ月間の通院で80%程度を治療することが出来ます。但し、この治療期間は患者様それぞれの口腔内・歯列の状態によって大きく異なってきますので、担当の歯科医師に確認してください。矯正期間中の通院回数も従来の矯正装置を使用した治療期間より少なく済みます。また、従来の矯正治療器具の場合は1ヶ月に1回程度、調整のため通院が必要ですが、デーモンシステムでの矯正治療の場合は2~3ヶ月に1回の通院となります。

●デーモンシステムでの治療のメリット

従来の矯正治療装置のように、直接ワイヤーを縛り付けないので摩擦が少なく優しい力で歯を移動することができます。そのため、痛みも抑えられるようになり、より快適に矯正治療が受けられるようになります。

従来の矯正器具によりもデーモンシステムは歯の移動効率が良いため、より治療期間を短縮することができます。また、デーモンシステム(セルフライゲーションブラケット)は歯に弱い力を常に与え続けるため、歯の移動がスムーズとなり矯正器具装置の調整頻度が少なくてすみます。そのため、通院回数も少なくなります。

従来の矯正治療器具よりも歯の移動効率が良いため、抜歯しなければ難しい症例の場合でも、デーモンシステムの場合だと歯を抜かなくても矯正治療を行うことができる可能性があります。

デーモンシステムの治療費用は、従来の表側からの矯正治療費用とほとんど変わらない金額で治療を行える歯科医院が増えてきています。

歯や歯茎などの歯周組織に対して悪い影響を与えることなく、より安全・安心して矯正治療を行えるように設計されています。

ワイヤーをブラケットに固定するためのエラスティックが不要になったため、ブラッシングなどの清掃もしやすく、口腔内を清潔に保つことができとても衛生的です。

●デーモンシステムでの治療のデメリット

治療期間が短く、通院回数も少なくて済むなど、多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

ブラケットの半分は透明ですが、残り半分のシャッター部分が金属でできているため、他の方法と比べて若干目立ってしまいます。

形状の問題として、ブラケットが他のブラケットと比べて厚くなっています。これは治療効果を上げるために厚く設計されたものです。これによってブラケットが口内の粘膜に接触するので、口内炎を起こしやすくなります。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約