申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

矯正の種類

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(クリアアライナー)2

患者様個人に合った治療計画を提案

たかすぎ歯科のアイコン

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(クリアアライナー)2

●クリアアライナーの治療のメリット

クリアアライナーを用いた矯正治療法にはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

第一に矯正治療中の見た目が良いという点が挙げられます。従来の矯正器具だと治療期間中はどうしても、矯正器具が目立ってしまい見た目が悪くなってしまうという欠点がありましたが、クリアアライナーは厚さが1ミリ程度の薄く透明ななめらかなプラスチィック素材を用いたマウスピースを利用する治療法のため、矯正器具が目立たずに見た目が気にならないという最大の利点があります。また、会話の際の発音障害が起きることありませんので、仕事柄、人と会話する機会の多い方でも安心して矯正治療をお受けいただけます。従来の矯正器具よりもストレスや負担が少ない装置です。

また、マウスピース型の治療器具のため患者様ご自身で取り外しができ、歯磨きを不自由なく行うことができ、マウスピース自体も簡単に洗浄ができますので、虫歯や歯周炎になりにくく衛生的で口の中を清潔に保ちやすいのも利点のひとつです。

金属アレルギーで悩みの患者様でもクリアアライナーは非金属製のため金属アレルギーを引き起こす心配がございません。また、金属を使用しないため口の中を傷つけず、移動中の歯に強い痛みを感じることがありません。

治療費の点を比べても、通常のワイヤー矯正よりクリアアライナーは治療費を安く済ませることができます。

 クリアアライナーのマウスピースを利用してホワイトニングが可能です。また、歯ぎしりのある方は歯の削れ(咬耗)を予防することができます。

個人差はありますが、顎関節症の方にも効果的です。

●クリアアライナーの治療のデメリット

見た目が良くて負担も少なく人気のあるクリアアライナーでの矯正治療法ですが、デメリットもあります。

治療可能な症例に制限があるため、歯並びや口腔内の状態によっては従来型の装置と併用して治療を進める場合があります。また、重度の症例の矯正治療に不向きなため部分的なデコボコや前歯の隙間治療などの治療に適しています。

クリアアライナーは矯正期間中に次のマウスピースを作り替える時に、毎回歯型を取り直さなければなりません。矯正治療が進む毎に歯が移動するため、口腔内の状態が常に変わっていきますので、毎回歯型を取り直しマウスピースを作成するのは負担になることがあります。

マウスピース型の治療のため患者様ご自身で取り外しが容易な反面、マウスピースのお手入れや装着時間の厳守など、ご自分で管理しなければならないといったデメリットもあります。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約