申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

正しい歯並びとは

歯と顎の成長とその働き3

患者様個人に合った治療計画を提案

たかすぎ歯科のアイコン

歯と顎の成長とその働き3

●重要なあごの位置

 顎関節の機能的な 面では、前歯で食べ物を噛み切るときに奥歯が強く当たらないことが重要で、奥歯が当たって前歯 が噛み合わないというケースは「開咬」という不正歯列になります。

逆に、奥歯で噛む時に前歯が強く当ってしまう場合は「過蓋咬合」といって噛み合わせが深すぎる不正歯列です。この場合は、前歯の歯肉を痛めてしまうこともあるため、早めに治療を行うことをお勧めします。

また、あごの位置も重要です。上顎前突(俗に言う出っ歯)や下顎前突(受けロ)、あるいは上下ともに前に出ている上下顎前突といった不正咬合はあごの位置そのものが前に出ていたり、逆に引っ込んだりしてしまい起こる場合があります。ですから、あごの関節やその周囲を取り巻く咀嚼筋(咀嚼するときに働く筋肉)がスムーズに働くことができるポシションにあることが大切です。逆に噛むたびにあごの関節に痛みがあったり、あごが疲れる、だるくなってしまうという場合は、顎関節に負担が掛っている場合が多く見られます。

あごの位置がズレているために、歯列が乱れてしまうこともあれば、逆に歯列の乱れが原因となってしまい顎関節がズレてしまう場合もあります。これは、どちらが先かということは無く、ケースバイケースですが両者が密接な関係にあるということだけは確かなことです。ですから、歯列を整える場合も、単にロの中だけの治療で終わらせることなく、あごの位置や顎関節との関係まで配慮しなければならないということなのです。

●正しい噛み合わせは美しい

しつかりと食べ物を噛むことができる歯並びというのは、見た目にもとても美しく整っているということがいえます。咀嚼という機能を追求していけば、おのずとそこに美が表現されると いうことだと思います。

矯正というのは、単に歯並びを審美的に綺麗にすれば良いものというイメージを持たれている患者様か多いのですが、実は矯正による歯列の美しさは機能性との兼ね合いがしっかりと立証されたものなのです。単に歯を綺麗に配置しても、満足に噛むことができなければ意味がありません。機能性を追求していった結果として、同時に美しさも得ることができるのです。

なにごとも持てる力を十二分に発揮しているさまは美しいものです。口元についても同様で、よく噛んで食べるということはあごの筋肉、ロの周りの筋肉も発達して、消化機能を助け、ひきしまった容貌を作ることもできるようになるかもしれません。また、最近の若い女性が憧れている小顔効果も期待できるかもしれません。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約