申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

目立たない矯正で気付かれずに綺麗な歯並びを

矯正歯科(目立たない矯正)

矯正のタイミングは人それぞれ。まずは相談ください。

矯歯と顎、そして顔全体の調和をその人にとってのあるべき状態へ

大人矯正

インビザライン矯正

大人の矯正治療はいつでも始めることが可能です。歯並びだけではなく、顔の骨格や顎の状態なども診査をした上で、患者さまのお口の理想的な位置に歯を導くことが基本となります。歯並びやかみ合わせに不満やお悩み方は、ぜひ一度ご相談下さい。

透明なマウスピースで目立たない矯正インビザライン

インビザライン

インビザラインは、透明なマウスピースなので他人からは気づかれず、患者さまご自身で取り外しが自由にできます。またお食事や歯磨きの邪魔にもなりません。マウスピースは、一人一人の歯に合わせて製作し、段階的に歯を動かして矯正します。痛みが比較的少ないこともメリットです。

インビザライン矯正はこんな方におすすめ

  • なるべく他人に気づかれずに歯列を矯正したい方
  • 今までと同じように食事をおいしく楽しみたい方
  • 金属アレルギーに不安がある方
  • 取り外しができない治療に不安がある方
  • 一定の装着時間を守るセルフコントロールができる方

インビザラインの特徴

  • 矯正治療中でも人に気づかれにくい
  • 食べたい物が食べられる
  • お口のトラブルのリスクを低減
  • 洗浄ができ衛生的
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 通院回数が少ない
  • 痛みが少ない

矯正歯科とは?

矯正歯科とは、不正咬合や顎変形症の治療をします。つまり簡単に言うと出っ歯や乱ぐい歯、八重歯などの歯並びをきれいに治すということです。
ワイヤーなどを使い、自分の歯を生かしたまま、歯を正常な位置に移動させる方法や、もしくは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、顎口腔機能の回復やその予防を行います。歯の不正咬合は多くの疾患や機能障害の原因となるため、矯正歯科はとても重要な治療となっています。ですが、日本では保険が適用されないため、保険外の自費診療となります。
矯正治療は、単に歯並びを美しくするということだけでなく、歯槽膿漏や虫歯、咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要な歯科治療となっています。歯を矯正することにより、ガタつきがなくなりこれらの原因となるプラークが歯に付着しづらくなり歯の寿命を延ばすことにつながります。

矯正歯科治療の器具の種類

矯正歯科治療には、多くの治療器具があります。まず一番オーソドックスなのが「金属ブラケット」です。金属性なのでとても丈夫で多くの症例に適用しています。昔は、歯面全体に金属のバンドが表面に張り付いていたのでかなり目立っていましたが、現在では、接着剤の発達により小さな金属の粒といった感じで昔ほど目立たなく改良されています。また価格も他の装置より安くなります。プラスチックで目立たないブラケットもあり、白色や透明なので金属ブラケットに比べると目立ちません。

そして、最近人気があるのは「マウスピース矯正」です。これはマウスピース型の矯正装置で、装置が透明なので目立たず取り外し可能です。そのため、食事や歯ブラシの邪魔になりません。取り外しが可能なため、口の中を清潔に保つこともできます。また、ブラケットやワイヤーを使用しないため口の中が切れたりすることもありません。
このマウスピース矯正の魅力はなんといっても目立たないということです。矯正は目立つということから見た目が気になっている方にはおすすめです。また、金属を使用しないため金属アレルギーの方にもおすすめです。

「インプラント矯正」は、インプラントを支えにして他の歯を動かします。他の治療法は、自分の歯を支えにして他の歯をうごかしていきますが、この治療は比較的早く効果が現われやすく、短期間で治療ができます。

矯正歯科治療の方法

矯正歯科治療で大切なことは、自分にあった矯正を行うことです。
まずは、カウンセリングを行います。その際に、自分の希望の装置があるか、また日常生活で気になるところがないかの診察をします。その後、歯科医師の診察の元どのような矯正装置が適しているのか、費用はどのくらいなのかの説明を行います。患者さん個人の思いもあるのでカウンセリングの時にしっかりと自分の希望を伝え費用の相談もして下さい。
その後精密検査を行います。精密検査では顎の骨や歯の生えている角度などを調べるため、レントゲン撮影を行います。また、レントゲン撮影では隠れている虫歯の有無もわかるのでそれもチェックします。その後、歯並びや噛み合わせを診察し、歯の模型を作成するための型取りをします。

その後、矯正装置装着までの準備を行います。虫歯などがある場合には、装着前に治療しておきます。また、歯を抜く必要がある場合には装置装着前に抜歯し、その後、矯正装置を装着します。装置の装着期間は個人差があります。矯正装置の装着期間中はメンテナンスのため通院が必要となります。

装置の装着後は歯磨きの練習やアフターケアを行います。矯正装置の装着が終了したら保定という歯が元の悪い状態に戻らないために抑えてくリテーナーを装着します。このリテーナーという装置をつけ、経過観察をします。この期間は、矯正治療で歯を動かした期間と同じだけの期間が必要となります。そして、全ての経過観察が終了後、矯正治療は完了となります。

矯正歯科治療の費用

矯正治療の費用は、種類によっても違います。一部、保険適用の矯正治療を除き、基本的には全て保険外治療となります。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約