申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

親知らずや抜歯の口腔外科は当院へ

歯科口腔外科

気になり始めたら、お早めにご来院ください

親知らずは早期治療が大切です

歯科口腔外科

歯科口腔外科

親知らずのお悩みはありませんか?

「親知らずが痛む」「口が大きく開かない」「顎が痛む」など、気になり始めたら、お早めにご来院ください。難症例だと判断された場合、提携の医科歯科大学口腔外科をご紹介しております。

口腔のはたらき

口腔は、咬む(咀嚼)、飲み込む(嚥下)、すする(吸啜)、味わう(味覚)といった飲食物の摂取の中心的な役割を果たしている一方、発音や呼吸などにも重要なかかわりをもっています。口腔のはたらきは、上・下の額骨(あごの骨)、歯、唾液腺、ほお、舌、口腔粘液(くちびる、歯肉など)のほか、これらを動かす筋肉、額関節といった色々な器官の協調によって営まれています。

口腔のしくみ

口腔の骨のしくみ

口腔を構成する骨は、頭蓋骨とつづいている上額骨(上あごの骨)と下顎骨(下顎の骨)で構成され、筋肉の働きで顎が動かせるようになっています。額骨のうち、歯の植わっている部分を歯槽骨といいます。

上額骨は、口腔の天井を形成していると同時に、眼窩の底、鼻腔の内外の壁と底とを形作っていますが、なかは上顎洞という鼻腔に通じる空洞になっています。上顎洞の下方は歯槽骨で臼歯部の歯根とは薄い骨で隔てられているだけです。

上額骨で構成されている口腔の天井にあたる部分を口蓋といい、その表面は粘膜で覆われています。口蓋は、骨で構成されている硬口蓋という全方の部分と、その後方で筋肉と粘膜だけで構成されている軟口蓋という部分に分けることができます。また、上下の歯を噛みあわせた時に、歯の内側になる口腔の部分を固有口腔、歯の外側とほお、唇の間を口腔前庭といいますが、固有口腔の後方の壁は軟口蓋によって形成されていて、嚥下、発音、呼吸の際に重要な働きをしています。

下額骨は、全体としてU字型をしている骨で、関節をもつ下顎枝という平板な骨が付いています。下額骨の内側には、舌や唾液腺が治まっています。

額関節のしくみ

額骨とこれを動かす筋肉の要となっているのが額関節です。額関節を構成する骨と骨の間には、関節円板という線維性の組織があって、骨と骨が直接ぶつからないようにクッションのような働きをしています。

抜歯について

抜歯前の注意

心臓病、血液疾患、糖尿病、肝臓病、腎臓病などの病気を治療中で薬を服用している方、止血がしにくい方、妊娠中の方、抜歯の前に担当の歯科医師にその旨を申し出てください。
抜歯を行う当日は、寝不足や疲労が無いように体調を整えておいて下さい、女性の場合は月経中を避けるようにしてください。

抜歯後の注意

抜歯をした数日間は傷が残るため、そこから出血がしばらく続くことがありますが、患部を触ったり無理な刺激を加えないようにしてください。なかなか出血が止まらない時は、清潔なガーゼや脱脂綿を丸めて抜歯した患部に当て、かみしめて圧迫してください。麻酔がきれ痛んできたら、処方した鎮痛剤を指示に従って服用してください。また、抜歯した当日は、激しい運動や入浴は避け安静に過ごしてください。

食事は何を食べても問題ありませんが、抜歯した付近では咬まないようにし、口腔内を清潔にするため食後軽くうがいをしてください。傷は抜歯後2週間程度で治ってきます。入れ歯を使用中の方は調整が必要な場合がありますので、担当医にお伝え下さい。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約