申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

美しさの追求だけではなく機能的な歯へ

審美歯科

審美歯科はあなたの心へもアプローチします

自分の歯の色にあわせて治療ができる

審美歯科

審美歯科

QOLの向上と快適に美しい歯で

「前歯が綺麗したことで気分も上がりました」と治療後にお話ししてくれる方はたくさんいらっしゃいます。
審美治療を行うことで、患者様の「生活の質(QOL=quality of life)」の向上に大きく貢献できるとともに、いつまでもご自身の歯で快適に、美しくあり続けていただくことを考えて、治療を行っております。

オールセラミックはこんな方におすすめです。

  • 歯や歯肉の黒ずみが気になるのを治したい
  • 前歯のすき間を矯正せずに治したい
  • 矯正でなく、短期間で歯並びを治したい。
  • 金属アレルギーなので安心して治療して欲しい
  • 白くて美しい歯になりたい。
  • 銀歯を白くて自然なものに替えたい。
  • 虫歯治療の後、銀歯を入れたくない。
  • 奥歯の治療の後、耐久性のある白い詰め物にしたい

患者さんに合った治療で歯を綺麗にしていきます

前歯の隙間や変色した歯を白くしたい方

歯の表面だけをうすく削り、セラミックの板を貼り付ける治療です。

奥歯の金属の詰め物を白くしたい方

銀歯などのかぶせていた冠を白い冠に変えていく治療です。

短期間で歯並びを綺麗にしたい方

患者様のご要望に合わせ、見た目を追求しつつ咬み合わせや咀嚼等、お口の機能面も重要視して治療します。

保険診療と自由診療(自費診療)との違い

歯科クリニックのホームページは今では沢山あります。その中で多くの歯科医院が保険診療と自由診療を取り上げ説明していますが、ほとんどが「もの(素材)」の説明で、患者さんに誤解を与えているようです。
例えば「金の詰めものはいくら」「セラミックのかぶせものはいくら」「インプラントは一本いくら」といった内容の説明がほとんどです。治療に行った歯科クリニックで同じような説明を受けた方も多くいらっしゃると思います。しかし、保険診療と自由診療の違いは確かに材料の違いもありますが、それは違いの一部でしかありません。たかすぎ歯科クリニックでの違いをご説明致します。

保険診療

保険診療とは、国が指定した素材・治療法で行う歯科診療のことです。健康保険適用のため、加入していれば3割負担で治療を受けることができます。自由診療と比べて費用が安いというメリットはありますが、最低限の歯科治療しか行わないため最適な治療が受けられないこともあります。

自由診療(自費診療)

自由診療とは、健康保険が適用されない診療方法のことです。保険診療のように3割負担で治療を受けられず、患者様が治療費の全額を負担することになります。そのかわり、保険診療と異なり素材や治療法に制限がないので「天然歯に近い見た目の素材」を使える「耐久性のある素材が選べる」と言った患者様の希望を叶える治療が可能です。

それぞれの違い

素材

保険診療で使用できる素材は、銀歯やレジン(歯科用プラスチック)など最低限の機能回復が出来る安価な素材のみです。その為、セラミックやゴールドなど高価な素材は自由診療のみとなります。使える素材が限られているため、見た目が不自然であったり、長持ちしなかったりといった不具合が起こることもあります。

治療法

保険診療の目的は病気の診療・治療です。その為、歯の見た目を美しくする「審美歯科」や虫歯・歯周病を防ぐ「予防歯科」などは対象外となります。また「インプラント治療」などの高度な治療・処置も保険対象外になります。

技術

保険診療は、治療ごとに点数が定められる「診療報酬制」です。「歯を削ったら○点」「歯を抜いたら○点」「詰め物をしたら○点」といった点数に応じた金額が医院に支払われます。治療の結果よりも「何をどの様にしたか」が重視されるのが保険診療です。
一方で、自由診療では明確な報酬は決められていません。そのため、高度な技術と機器を使って時間をかけながら治療することが可能です。「何をするか」よりも「仕上がりの良さ」や「噛み心地」「耐久性の高さ」から治療を選ぶことができるのです。

治療の丁寧さ

保険診療では治療費が決まっているため、医院経営という観点から必然的に治療にかけられる時間も限られてきます。一方、自由診療の場合は治療内容に応じて十分な時間をかけることがでるので、より丁寧な診療・治療が可能になります。

費用

保険診療の場合、患者様が支払う治療費は全体の3割となり、残り7割は国が負担します。一方、自由診療の場合は治療費をすべて患者様が負担することになります。また、保険診療では治療に応じて料金が決まっていますが、自費診療では治療法や素材が同じでも医院によって費用が異なります。

保険診療の限界

最低限の治療が保険診療

失った歯の機能を取り戻すための治療が保険治療です。自然な見た目を手に入れたり、虫歯・歯周病を予防したりといった処置は保険診療には含まれていません。
保険診療で使われている詰め物・被せ物は、レジンか銀歯です。レジンは、変色しやすいうえに強度が低いため、長くは使えません。銀歯は、強度こそありますが、天然歯と大きく異なる見た目のため、 見た目が悪く、コンプレックスになってしまうこともあります。
天然歯のような噛み心地を実現できる補綴治療「インプラント治療」は、保険診療の対象外。同様に、自然な見た目を実現する「審美歯科」も対象ではありません。天然歯のような見た目を手に入れる治療、高度な技術を要する治療のほとんどが、現在は自由診療となっています。

繰り返し治療をするリスク

日本の高齢者は健康な歯を維持できていないといわれています。80歳以上で残っている歯の平均本数は10本で、実に2人に1人が総入れ歯と言われています。
このような状態になった原因の一つに「虫歯治療の繰り返し」が挙げられています。欧米など歯科先進国では、人々は予防のために歯科医院へ通うのに対し、日本では治療目的で通うことがほとんどです。予防歯科によって虫歯・歯周病になりにくい口腔内にしなければ、治しても、治しても虫歯・歯周病が再発してしまいます。そのたびに歯を削ったり、抜いたりといった治療を行い、口腔内にダメージを与えてしまうのです。虫歯になってから治すことも大切ですが、予防するということは健康な歯を保つためにはより重要です。

繰り返し治療をするリスク

治療にかかる費用のみを比較すると、保険診療のほうが安く済みます。しかし長期的な視点で見ると自由診療のほうがお得になることもあります。
セラミック素材など自由診療で使用する素材は耐久性が高く、長持ちするため、取り換えることなく永く使用することができます。
また保険診療は、銀歯が金属アレルギーを起こしたり、レジンが欠けてしまったりといったトラブルによって余計な治療費が発生してしまうことも多くあります。長期的な視点で考えると、自由診療で質の高い治療を受けたほうがトータルで医療費を抑えられることもあるのです。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約