申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

お子さまの歯の未来のお手伝い

小児歯科

小児歯科はフッ素塗布や歯磨き指導です

お子さまの歯を守りたい

小児歯科

小児歯科

お子さまの歯を守りたい

お子さんのペースにあわせた治療とストレスを感じずにどこまでできるかを判断しながら進めてまいります。お口の中の状態により、しなければならない治療がある場合、必ず親御さんに伝えてから治療を行ないます。
また虫歯の予防や治療以外にも、噛み合わせや矯正治療の専門的な治療もおこっております。お気軽にご相談ください。

フッ素コートの大事さ

フッ素には歯の再石灰化を促したり、虫歯菌の活動を低下させる働きがあるため、歯をコーティングすることで虫歯を予防になります。
フッ素コートは3~6ヶ月ごとに定期的に行うことをおすすめしております。

小児歯科とは?

小児歯科とは、一般に成人に至るまでの患者を担当する歯科のことです。病院、歯科医院によっては、18歳までの患者の場合や障害者では20歳を超える患者を診る場合もあります。
小児歯科では、成長発育に関する知識は十分備えているのは前提条件となり、それとは別に親御様への歯科指導を行う必要性もあります。歯科を嫌がるお子様とのコミュニケーションも必要となってきます。小児歯科は乳歯から永久歯へと代わる成長著しい時期を専門的に学んだ医師がお子様の成長に合わせ治療方針を決定し無理なく治療を受けて頂くことが出来ます。
小さいうちから歯医者で口の中をきちんとケアをしてもらっていれば、永久歯に生え変わっても問題が少なく済むと考えられています。また、小児歯科治療ではフッ素を塗布したり、歯磨き指導を行っております。
当クリニックでは、お子様が歯医者に対して恐怖心を抱くことのないよう、院内にお子様が好きな可愛い作りのキッズスペースを設置しております。

何歳までが小児歯科

小児歯科の対象年齢は、一般的には18歳までが対象とされています。
障害児においては、20歳までが小児歯科と位置付けている医院もあります。

小児歯科の治療方法

基本的に治療方法は、大人と変わりはありません。
穴が開いているような虫歯は削って金属やプラスチックで詰めるのが基本です。また、大人同様に深い虫歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をして金属冠をかぶせます。いずれの処置も麻酔をして治療することが多く、大人と同じくらいの時間はかかります。乳歯はどうせ生えかわるものと思い放置せず、乳歯の健康はお子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。綺麗な乳歯は綺麗な永久歯や正常な歯並び・かみ合わせへの第一歩です。
小児歯科の治療では早くから歯を削ったり抜いたりしないで済むように予防を第一に心掛けており、定期健診を推奨しています。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約