申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

子供の成長に合わせて最適なタイミングで矯正を

小児矯正歯科

患者様個人に合った治療計画を提案

永久歯が生え揃った時、正しい噛み合わせを作ること

小児矯正歯科

小児矯正

子どもの矯正の大きなメリットは、「骨格の成長が終わった成人では顎の成長をコントロールできない」のとは違い、小児の段階であごの成長をコントロールしながら無理なく永久歯が生えるスペースを確保し、抜歯のリスクを減らすことができることです。また小児の段階では骨が柔らかく、歯が動きやすいこともメリットとして挙げられます。
治療開始のタイミングはそれぞれ違いますので、お子さんにとってより良いタイミングで治療を始められるよう早期の相談・診断が重要だと考えております。

早期に治療をはじめるメリット

  • お子さまの成長と一緒に無理なく治療ができる
  • 顎の大きさや成長の方向をコントロールできる
  • 永久歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなる
  • ワイヤーを付けた矯正の期間が短くなる、もしくは必要なくなる。
  • 矯正後の安定が良い
  • 費用を抑え、短い期間で治療完了できる

小児矯正歯科とは?

小児矯正歯科とは、子供の成長に合わせて歯科医師が最適なタイミングで矯正治療を行うことです。子供のうちは歯に負担を掛けることなく、理想的な歯並びを作ることができます。また、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るため、歯がスムーズに移動でき、短期間の治療ですみ費用の負担も少なくなります。

小児矯正の場合、顎の骨が成長する6歳~14歳までの間に矯正を行うと有効だといわれています。ですが、3歳児検診で反対咬合と指摘された方はできるだけ早い段階での受診をおすすめします。反対咬合とは、下の歯が上の歯に被さっていて、正常な噛み合わせができていない状態のことをいいます。これはつまり、よく言われている受け口のことです。受け口をそのままにしておくと横を向くと顎が前に出てしゃくれているなど、外見上でも問題がでたり、滑舌が悪くなり、聞き取りにくいしゃべり方になったりしていまします。

小児は、歯が凸凹していることにより、ブラッシングへの妨げとなり汚れが残ってしまい虫歯や歯肉炎の原因にもなってきます。また、本人自身のコンプレックスにもなり、精神的にも負担が多くなります。歯並びについて不安がある場合は、できるだけ早い段階で歯医者の受診をお勧めします。

小児矯正歯科の治療方法

小児矯正は永久歯が生え揃う前に行う矯正なので、永久歯の生え変わりの様子を見ながら治療を行うことが出来ます。そのため、通常の矯正よりも長い治療期間・観察期間が必要になることが多くなります。小児矯正で成長能力を利用した治療方法に床矯正というものがあります。これは、顎を広げる歯列矯正のことです。目立たず、取り外しができる装置をつけることで、徐々に歯の土台である顎を広げ、将来的に歯並びが整う口腔内環境をつくります。

基本的に治療方法は大人の矯正と大差はありませんが、歯が生え変わるタイミングや様子などを観察しつつスムーズに矯正が進められるようにします。
また、小児矯正で使用する装置は、多くが家庭で本人に装着してもらうタイプが多いため、家族の協力が必要です。さらに、矯正中は虫歯になりやすくなるので、ブラッシングなどケアがとても大切になってきます。ですが、小児矯正の場合1~2か月間隔で定期健診に行くため効率的に虫歯予防ができます。

小児矯正歯科の治療による効果

小児矯正の効果は、顎の成長過程である程度コントロールすることができるのでスムーズに歯が動いたり、とてもいい結果を得ることができます。また、大人になってから再矯正が必要となった場合でも、治療期間が短くなり良い結果が得られやすくなります。なによりも、早い段階でコンプレックスを取り除くことで、子供の成長にプラスになる利点があります。

小児矯正歯科治療の費用

小児矯正歯科治療の費用についてですが、矯正装置の種類や治療内容によっても金額は上下します。
患者様個人に合った治療計画を提案させていただきます。

© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約