申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

歯周病

歯に関する情報を更新してきます

一覧

歯周病予防と8020運動

POSTED ON・2019年2月9日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病予防と8020運動

歯周病は社会的な病気で、日本では成人の約8割が歯周病にかかっています。

1989年から厚生省と日本歯科医師会が推進しているのが8020運動です。

8020運動は、80歳になっても自分の歯を20本以上保てるようにするのが目的になっています。

8020運動の達成率は1989年の調査で7%程度でしたが、2007年の中間報告では25%に上昇します。

歯が多く残っている人が増えたものの、50代以上の歯周病患者の割合は増加傾向になります。

歯周病は静かに進行する病気で、初期は自覚症状がない人が多いです。

本人が気付いたときには症状が重くなっているケースも多々あります。

少しでも歯茎の異常に気付いたら、早めに歯科医院で診察を受けることが大切です。

歯周病は危険な病気ですが、自分で予防できる病気でもあります。

歯垢に潜む細菌が歯周病の原因なので、歯周病を防ぐ最も有効な方法は日常の歯垢除去です。

口臭が強くなったり口の中がネバネバする場合は、歯周病の可能性があります。

8020達成のために必要なことは歯周病と虫歯の予防です。

歯周病と虫歯の予防を充実させれば、歯の喪失を最小限に抑えることが可能になります。

歯周病対策として有効なのは口腔清掃です。

歯科医院でのプロフェッショナルケアに加えて、自宅でのセルフケアにも力を入れます。

歯ブラシだけでなく歯間ブラシなども使って丁寧に清掃を行います。

セルフケアで取り除くことができない歯石や歯垢は、専門家に除去してもらいます。

喫煙は歯周病を悪化させる原因のひとつなので、禁煙も歯周病を防ぐ対策になります。

糖尿病などの生活習慣病も歯茎に影響を与えるので、歯と歯茎のケアはもちろん定期的な健康チェックも必要です。


歯周病の基本治療

POSTED ON・2019年2月5日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の基本治療

歯周病は、歯周すなわち歯の周囲にある歯肉やセメント質といった組織が病変することによって起こる疾患です。出血や口臭などの原因となるばかりでなく、重症化すると歯を失うこともあります。少しでも異変を感じたらすみやかに歯科医院を受診することが大事です。

歯周病の治療法は病変の起きた部位等によって異なりますが、症状の程度に関わらずまず初めに行われる治療というものがあり、基本治療と呼ばれています。その1つが、プラークコントロールです。プラークとは歯垢のことをいいますが、簡単に言えば歯の表面や歯周ポケットなどに付着した口腔内の細菌の塊です。この細菌が歯肉などの炎症を引き起こすことが、歯周病の最大の原因です。

プラークコントロールでは歯垢の量を減らし、歯周病の発生リスクを低下させることを目指します。具体的には自宅でのセルフケア、つまり歯磨きが基本となります。歯科医院では治療の一環として、歯垢をしっかり確実に落とせるようブラッシング指導を行います。ただ、歯周ポケットの深いところに溜まった歯垢は、ブラッシングでは取り除くのが難しいことがあります。このような場合は、歯科医院において専門機器を使ったPMTCと呼ばれるクリーニングを行います。

なお、歯垢は時間が経つと唾液の作用によって石灰化し、通常の歯磨きでは簡単に落とせなくなってしまいます。このような状態を歯石といいますが、スケーラーと呼ばれる専門機器を使えば取り除くことができます。この処置をスケーリングといい、やはり基本治療の1つに数えられています。スケーラーにはいくつかの種類がありますが、音波による振動を利用して歯石を破壊するのが基本原理となっています。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の外科治療

重度の歯周病の患者さんなど、基本治療を歯茎に施しても歯石を取り除くのが困難なときには歯科医院で外科的治療を行う場合があります。歯周病の外科治療にはフラップ手術という歯茎を切開して歯周病菌により感染している組織や歯石を取り除く方法や、GTR法と呼ばれる歯石などを取り除いた後に、歯周病により溶けた歯周組織と骨をなるべく元に戻す歯周組織再生療法などが挙げられるのです。

基本治療ではスケーラーを歯周ポケットに差し込んで歯石や歯垢をかき取りますが、深い歯周ポケットの場合はスケーラーが届かないので全部除去するのは難しいと言えます。フラップ手術では最初に歯肉を部分的に切り開いて、歯を支持する歯槽骨や根本が見える状態にするのです。その状態になってから、スケーラーを利用して歯茎の奥にある歯周病菌により感染している組織や歯石を除去して、歯肉を最後に元の状態に縫い合わせます。ちなみにフラップ手術を受けると綺麗な状態の歯の根本にすることが可能なので、健康な歯茎の状態に回復していく訳です。

GTR法は歯周病が原因で溶けた歯周辺の必要とされる組織と骨を再生させて、可能な限り健康な状態に回復させるための治療方法になります。歯周病の歯周ポケットを基本治療で綺麗な状態にしても、骨が溶けた部分は回復しません。どうしてかというと歯肉の方が骨より回復する速度が速いため骨が修復するための空間を、歯肉が先に塞いでしまうためです。

ですので骨があった空間に歯肉が浸入してこないように人工膜を覆いかぶせて、骨が回復する空間を確保します。その部分にCGFと呼ばれる骨を構成する養分や人工骨を入れ骨の修復する働きを促進します。1度溶けた歯周組織や骨を完全に回復させることは出来ないのですが条件が合うと、ある程度は回復させることが可能です。


歯周病は全身に影響を及ぼす

POSTED ON・2019年2月1日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病は全身に影響を及ぼす

歯周病の影響は口の中だけだと思っている人は多いかも知れませんが、実は全身に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのひとつに心臓病があり、狭心症や心筋梗塞などがあげられます。

歯周病原因菌は動脈硬化を誘導する物質を出す原因にもなり、これらが心臓病の原因となるのです。

血管に悪い影響を及ぼすということは、脳卒中の危険性を高めることにも繋がります。

歯周病原因菌の影響により、血管の状態が悪くなれば脳卒中を引き起こしやすくなり、心臓と同じように脳にも悪影響を及ぼすことがあるのです。

女性であれば出産をする時に早産の危険性が高まるという研究結果が指摘されています。

これも歯周病が全身に悪影響を及ぼす事例のひとつであり、低体重児及び早産につながっていると考えられています。

更に歯周病の影響は妊婦にとって、タバコやアルコール、高齢出産よりも高いとされているだけに妊娠をしている女性は決して無視をすることができます。

歯周病は誤嚥性肺炎の原因にもなっていると言われています。

誤嚥性肺炎と歯周病の関係は、誤嚥性肺炎の原因となる細菌はそのまま歯周病の原因となる細菌と同じであることから、歯周病にかかっている人は誤嚥性肺炎にもなりやすくなっているということになるのです。

同様に気管支炎もまた歯周病が関係してくることもあるため、たかが歯周病だと考えていると全身のありとあらゆるところに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

歯周病がただちにこれらの悪影響を与えるというわけではありませんが、放っておけばいつこのようなことになるのかは分かりません。

歯周病は放置せずに、歯科医院でしっかりと治療をしてもらい、常に口の中は健康な状態を保つようにしましょう。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の概要とよくある症状

歯周病は国民病とも呼ばれているもので、日本人に多くみられる病気です。最近による感染により炎症が引き起こされていきます。歯肉と歯との隙間の部分がしっかりと清潔な状態に保たれていないと、その部分にたくさんの細菌が蓄積していき歯肉周辺の範囲で炎症が起こります。痛みが出るということは少ないため気づかないというケースも多いです。観察できる症状としては、腫れあがったり赤くなるということが挙げられます。症状が進んでいくと歯肉と歯の境目のことを意味する歯周ポケットと呼ばれる部分がだんだんと深くなっていき、歯を根本からサポートしている歯槽骨というところが溶けることによって次第に歯がぐらついていきます。そのままの状態に放置していると、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。

人間の口の中には常に300種類から500種類程度の細菌がいます。通常の状態であれば細菌がいても特に問題はありません。しかしきちんと歯磨きをしていなかったり甘いものをたくさん食べていると、次第に口の中がねばねばした状態になっていきます。このねばついた物質が表面に付着すると、ぴったりと貼りついて単に口をゆすいだだけでは落とせなくなります。この物質の作用により歯周病や虫歯が発生するということが知られているため、このような状態になる前にしっかりと対策をしておくことが大切です。歯垢となって貼りついている状態のものは、定期的に取り除いていかなければどんどん硬くなっていきます。症状が進行していくと歯石と呼ばれるものに変化し、普段のブラッシングのみでは落とすことができなくなります。歯石を取り除きたい場合は、歯科医院に行って治療をしてもらうことが重要です。


歯周病の原因と進行

POSTED ON・2019年1月28日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の原因

歯周病の直接の原因となるものに、プラークがあげられます。

日本語では歯垢とも呼ばれるプラークですが、なぜこれが歯周病の原因になるのかと言えば、プラークは様々な種類の最近が増殖をして塊となったものであることから、これが付着をすると口の中の健康に悪影響を与えることになります。

プラークそのものが毒素や酵素を放出して歯周組織を破壊することに加え、プラークが固まった歯石によってブラッシングがしづらくなってしまって、ブラシの届かないところから歯周病になってしまいます。

歯周病菌もそのまま歯周病の原因のひとつであり、この菌が歯周に停滞することで炎症を起こしたり晴れたりして、少しずつダメージを与えていきます。

それらが進行をしていくと歯周病ということになります。

環境によっても歯周病になりやすいなりづらいが関わってきて、喫煙習慣があったり歯磨きをあまりしなかったり、ストレスや食生活が原因で歯周病になることもあります。

プラークや歯周病菌は誰にも存在するものですから、実際に歯周病になるのはこれらの環境因子の影響もかなり大きなものとなるわけです。

それ以外にも宿主因子というものがあり、これは年齢や人種、遺伝など体質によるものとなります。

どれだけ入念なケアをしていても宿主因子によって歯周病になりやすい人もいれば、適当なケアでもなりにくい人もいて宿主因子のえいきょうも無視をすることはできません。

原因は複数のものがありますから、必ずしもこれだというものはなく、複数の原因が折り重なって歯周病になることもあります。

歯周病にならないためには、日頃のケアも大切ですが定期的に歯科医院で検診をしてもらって、口の状態をチェックしておくことも重要です。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の進行

歯のまわりには歯周組織がありますが、この歯周組織に細菌が感染して起こるのが歯周病です。

歯周病の初期は自覚症状がない人が多く、痛みや出血に気づいたときには重症化しているケースもあります。

日本では社会人の多くが歯周病に悩んでいますが、歯周病は小中学生でも発症します。

歯周病は糖尿病などの生活習慣病とも関わっているので、歯科医院での治療に加えて全身の健康もチェックする必要があります。

歯並びが悪いと歯磨きが十分にできなくなり、炎症が起こりやすくなります。

歯に合わない修復物を使っている場合も、歯垢がたまりやすいです。

歯茎に違和感がある場合は、早めに歯科医院で治療を受けることで早い回復が期待できます。

歯周病が進行すると、歯茎が炎症を起こします。

健康な歯茎は薄いピンク色で引き締まっていますが、歯茎に炎症が起こると赤く腫れます。

炎症を起こした歯茎を触ると、血が出ることもあります。

軽度の歯周炎は、歯周病菌が歯周組織に侵入して歯を支えている骨を破壊します。

歯茎と歯の境目の溝が3mmから5mmくらいになり、歯ブラシでの清掃が難しくなります。

歯垢や歯石がたまり炎症が悪化すると中等度の歯周炎を発症します。

中等度歯周炎になると、歯周ポケットが4mmから7mmになります。

中等度歯周炎を放置していると、重度の歯周炎になり歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラになってしまいます。

歯周病を防ぐ重要ポイントは、原因となる歯垢を徹底的に落とすことです。

歯周ポケットが深くなると汚れがたまりやすくなり、歯周炎が悪化します。

歯周ポケットが浅いうちに徹底的にクリーニングをして清潔に保っていれば、本来の健康な歯茎に戻り歯を失わずに済みます。


歯周病になりやすい生活習慣

POSTED ON・2019年1月24日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病になりやすい生活習慣

歯周病になるのを予防したいのであれば、生活習慣を見直すことが大切です。どのような行為が症状の悪化につながるのか知っておきましょう。たとえば、喫煙は歯周病を引き起こす生活習慣の代表といえます。タバコにはいろいろな化学物質が含まれており、その中には歯や歯茎に悪い影響を与えるものも多いです。症状として歯が変色することをイメージしがちですが、歯茎の血行が悪くなることも大きな問題となります。それによって歯周病が促進されてしまうので、禁煙をするのに越したことはありません。

また、夜更かしも気を付ける必要のある生活習慣です。寝不足の状態が慢性化してしまうと、体全体の免疫力が下がっていくことになります。口内も例外ではなく、雑菌に感染するリスクが高まるのです。すわたち、歯周病の病原菌の影響を受けやすくなることに他なりません。寝不足はストレスを助長させることが多いです。ストレスというと精神面の問題という印象が強いですが、身体面にもいろいろな変化が生じます。歯ぎしりの頻度を増やすことになり、それが原因で歯周病が酷くなることも珍しくありません。このように複数の悪影響が生じるため、夜更かしを避ける必要があります。

乱れた食生活も原因になりやすいので要注意です。糖分は歯周病の病原菌の好物であると覚えておきましょう。それだけでなく、歯茎に必要な栄養素が不足していると、次第に貧弱な状態になっていきます。したがって、糖分が過多にならないように、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大事です。しかし、どの生活習慣が直接的な原因になっているのか判断できないこともあるでしょう。その場合は歯科医院にアドバイスを求めるのが得策です。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病を引き起こす歯垢とは

歯科医院に行って歯の治療をする人は多いですが、歯周病により歯科医院に通う人も増えてきています。歯周病は歯と歯茎の間に細菌がふえてしまうと起こりうる病気です。人間は、食事をした時に食べ物のカスが歯と歯茎の間に挟まりがちです。これをそのまま放置しておくと、虫歯になる人もいますが条件によっては虫歯になりにくい人もいるでしょう。虫歯になる人は、痛みが伴ったり見た目が変化しますのでわかりやすいですが歯周病の場合には特に何の変化もないためそのまま放置して歯科医院に行かない人も多いです。

ですが、時間の経過とともに様子がおかしくなってきますが、あまりそれを放置してしまうと治療が大変になることも少なくありません。歯垢は、しばらく歯磨きをしなかったり歯磨きをしているけどもいい加減な場合に出来上がってしまいます。これができるのは、歯の表面になります。そもそも歯垢は黄色くなりますのでわかりやすくなりますが、自分の歯を鏡で見なかったり、あるいは鏡に見ていたとしても見えにくいところにある場合にはなかなか気がつかないことが多いです。よく、老人になって歯がぬけて来て入れ歯をしている人がいますがその理由の一つが歯垢を放置したことと言えるでしょう。それ以外にも、歯石ができることも理由になっている可能性が高いです。

そのためには、徹底した歯磨きをすることも重要ですが、定期的に歯医者に行き歯科検診をしておくことが重要です。これにより、歯周病を根本から防ぐことができ結果的に入れ歯にならずに済みます。自分の歯で噛むことができるのが非常にありがたく感じるだけでなく、健康な歯を維持することができれば多少硬いものでもかじることができます。


プラークコントロールで歯周病予防

POSTED ON・2019年1月20日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

プラークコントロールで歯周病予防

歯周病を予防するにはプラークコントロールが重要となります。

プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢をコントロールすることにあり、主に歯磨きが中心としてコントロールをしていきます。

歯垢を除去するには歯磨きをすることになりますが、正しい磨き方をしなければ効果は半減してしまいます。

多くの人は適当に歯ブラシを上下に動かして、さっぱりしたところで磨いた気になりますが、一本一本丁寧に磨かなければなりません。

また、その際には力を入れて擦るのではなく軽く触れるぐらいの力で磨いていきます。

毛先が軽く触れるぐらいのところで、細かい隙間まで丁寧に磨いていくようにしましょう。

力を入れると歯や歯茎を傷めてしまいますし、隙間に毛先が届かずに歯垢が落としきれなくなるので、軽く行うのがポイントです。

歯ブラシの選び方も重要となり、ヘッドが小さめで硬さは普通かやや硬めのほうが扱いやすくなります。

あまりに大きすぎると細かい所のブラッシングがしづらくなってしまうので、小さいもののほうが磨きやすくなります。

毛先が柔らかいほうが細かい所に入って磨きやすそうに感じますが、軟すぎると今度は付着した汚れを落としづらくなるので硬めのほうがきれいになりやすいのです。

歯ブラシだけでは歯垢を落としきるのは難しいため、補助ツールとして隙間ブラシやフロスを使うのも役立ちます。

これらは普通の歯ブラシでは届かない隙間に入って汚れを落としてくれるので、より口に中を綺麗にすることができます。

最後は定期的に歯科医院を訪れて、歯科検診を受けることが大事です。

どれだけ丁寧にプラークコントロールをしているつもりでも、個人でできることは限りがあるため、できない部分は歯科医院で診てもらいメンテナンスをすることがポイントになります。

たかすぎ歯科のアイコン

歯と歯ぐきの仕組み

人間は若いうちは良いですが歳をとると、体の状態が悪くなっていくことが少なくありません。体の状態だけでなく、葉の状態が悪くなる人も決して少なくはないことをよく理解しておく必要があります。これは単にむしろが増えるだけでなく、歯周病になることも考えられます。早い人では、20代のうちから歯周病になることも多いでしょう。歯周病の原因は、健康な歯と歯茎の間に細菌が入り込むことです。細菌が入り込みその状態が長く続けば歯の周りの歯茎が少しずつ弱くなってきます。そうすると、少しずつ歯がふらふらとしてくるのがわかるでしょう。よく、老人になると入れ歯になる人が増えるのは、もとはといえば歯周病になってしまったからです。

つまり、歯周病の原因さえなくしてしまえば入れ歯を避けることができ可能なかぎり健康な歯で生活をすることができるようになります。特に、60代以上過ぎるといえばの可能性が高くなってくるため、十分に気をつけなければなりません。やはり人間である以上は、食べる楽しみの一つになりますのでこれを楽しむためには自分の歯で噛むことです。

これを防ぐためには、歯と歯茎の間を清潔に保つことでしょう。そのためには、毎日歯磨きをしておく必要があります。それに加えて、歯科医院に行き定期的に検査をしてもらうと良いです。自分で大丈夫だと思っていても歯科医院に行くと歯周病の初期症状になっていることも少なくないからです。対策としては、とにかくいい加減な歯磨きはしないことが一つです。歯磨きは、歯を磨くだけでなく歯と歯茎の間の病原菌をとり除くことが重要な役割と言えます。これにより、結果的に歯周病を防ぎ将来の悩みの種を一つ摘み取ることに成功するかもしれません。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約