申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

入れ歯

歯に関する情報を更新してきます

一覧

総入れ歯とインプラントオールオンフォー

POSTED ON・2019年3月13日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

総入れ歯とインプラントオールオンフォー

総入れ歯とインプラントオールオンフォーはどちらも歯のほとんど、または全てを失った人が歯科医院で受けられる治療方法ですが、それぞれにメリットとデメリットがあるので違いを把握しておく必要があります。

総入れ歯のメリットは費用が安く抑えられることです。保険の適用対象になっていますので、予算が限られている人に適しています。治療に失敗する心配もありません。デメリットは審美性や安定性の悪さ、硬い物を食べられないなどが挙げられます。

インプラントオールオンフォーは1本ずつ埋め込みを行う通常のインプラントとは異なり片側の顎に4本、骨の状態によっては6本を斜めに埋め込み、その上に並べた人工歯を取り付ける方法です。メリットはインプラントであるためしっかりと固定されており、硬い物でも食べられます。審美性にも優れているので機能面を重視している人に適しています。デメリットは通常のインプラントより安いと言っても保険の適用対象外のものが多く、総入れ歯と比べて大幅に高額の治療費がかかります。また、埋め込みをする際に力が均等に分散されるようにシミュレーションするための設備が必要で利用できる歯科医院が限られ、手術を伴うので失敗のリスクが全くないとは言えません。

これらのことから、費用を重視するのであれば総入れ歯、機能を重視するのであればインプラントオールオンフォーが適していると言えます。


入れ歯のメンテナンス方法

POSTED ON・2019年3月9日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

入れ歯のメンテナンス方法

入れ歯は適切な手段でメンテナンスをしないと、壊れやすくなるだけでなく細菌が繁殖しやすくなってしまいます。ティッシュや布で拭いたり包んだりしている人が見受けられますが、間違った方法なので良くありません。基本的にはブラシを用いて、きちんと磨く必要があります。特に汚れている箇所は丁寧に擦って、しっかりとすすいでください。ただし、力を入れすぎて傷を付けないように気を付けましょう。ブラシに関しては一般的な歯ブラシではなく、入れ歯のために作られたものを使うほうが良いです。このときのポイントとして、水を入れた容器の上で行うことが挙げられます。洗面所に水を張った状態でも構いません。いずれにせよ、落としたときに固形物とぶつかって割れるのを防ぐ必要があります。上記の作業が終わったら、仕上げに専用の洗浄剤を用いて消毒を行って完了です。

保管するときは、水の入った容器に入れておかなければなりません。入れ歯は乾燥すると変形してしまうからです。口にフィットしなくなるリスクがあります。専用の保管ケースが販売されているので、基本的にはそちらを使用しましょう。また、入れ歯の扱いに不安がある場合は、早めに歯科医院に指導を仰ぐのが原則です。


保険適用の入れ歯と自費の入れ歯

POSTED ON・2019年3月5日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

保険適用の入れ歯と自費の入れ歯

歯科医院で入れ歯をつくる時には、保険適用と自費の2つの選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶかはそれを考慮した上で決める必要があります。まず2つの一番大きな違いは「費用」で、自費は保険適用による費用免除がないため高額になります。その費用の違いが入れ歯の質にも大きく影響し、素材や審美性、使い心地に差を生みます。

保険適用は自己負担の費用が少ない分入れ歯の素材は決まっており、プラスチックしか使用することができません。プラスチックは熱伝導が良くないので、食事に美味しさを感じづらくなってしまう可能性があります。そして、強度や耐久性もそれ程高くはないので、毎日の使用で劣化が見られるようになります。部分入れ歯に関しては、歯にかけるバネ(クラスプ)が金属しか使えず、審美性の低いものになってしまいます。

一方で、自費は費用がかかるぶん、素材の選択肢が豊富で耐久性や機能性の高いセラミックなどの素材も使うことができます。違和感や不快感の少ない素材を選ぶことができるので、使い心地にも差が出ます。また、見た目も自然で自分の歯のように馴染むのも大きな魅力です。しかし、こだわってつくられる分出来上がるまでに時間がかかってしまうことや、万が一壊れた時に修理が難しいという面もあります。


レジンプラスチック床と金属床

POSTED ON・2019年3月1日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

金属床の種類

白金加金とは合金だけだと長年使うには柔らかいために強度や耐久性の面で不足があります。その部分をカバーして硬さを出すために白銀の割合を増やしのが白金加金です。金の割合によって適した使い方がことなり、色も金に近いものから銀に近いものまであります。どれも強くて使い分けられる融通の利く点も使いやすい理由です。チタンはシルバーの金属の一種ですが、金属アレルギーを起こす原因とはならないので、体に優しい金属の1つです。特に耐食性と耐熱性に優れているので、安定した金属床として選ばれることも多いです。ただ、歯科医院では加工が難しい点で扱いにくい、合わせにくい一面もあります。歯形に合うように細心の注意を払って作る注意が求められます。コバルトクロムは金属のコバルトとクロムを中心とした素材で、強い力にも耐久性があるので安心して使えます。さらに金属でありながら人体に害のない生体親和性も高く、歯科医院で使われてきた実績も長くあります。耐久性は高いですが、ただ硬いということはなく伸びもあるので周りの歯にダメージを与えない、負担をかけない点でも使いやすくメリットが多いのがコバルトクロムです。また、コバルトもクロムも原料が豊富にあるので、価格も流通量も安定しています。

たかすぎ歯科のアイコン

レジンプラスチック床と金属床

高齢者が歯科医院に通う中で、失われた歯の代わりに入れ歯を制作してもらうことが多いですが、必ず必要となるのは歯茎を覆うことになる床になります。その入れ歯の制作を行う上では床が大切ですが二種類の材質が存在し、一つがプラスチックともう一つが金属によって作られた床です。

前者のプラスチックの床は、PMMA系のレンジ樹脂を利用することになるためレンジ床と呼ばれ、そのメリットには保険適用される材質になるため安価で制作することができます。安価で制作ができる点と修理などのメンテナンスをしやすく、修正や調整がしやすい点が魅力的です。

ただ壊れやすかったり変色や変形しやすい点もあるため、扱いには注意を要することもあります。食べ物を食べる時など違和感を生じることもあり、また声を出すときには発音しづらいデメリットが存在します。

後者の金属床に関しては、人体にも影響の少ないチタン等の軽量の材質を利用する点があります。丈夫なので壊れにくい点もあり、他にも汚れが付きにくかったり変色もしなく、耐久性にも優れている点がメリットです。

ただ健康保険が適用されないので自費による制作をする形なり、そのため高価になってしまうデメリットがあります。もっとも歯科医院によっては、レンジ床か金属床のどちらが良いかについては、相談できますのでそれによって決めると良いです。


入れ歯の構造と種類

POSTED ON・2019年2月25日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

入れ歯の構造

一言で入れ歯と言っても、いくつかの種類が存在します。総入れ歯とは、全ての歯をなくしてしまった人が利用するタイプです。人工歯と義歯床の二種類から構成されています。人工歯とは、なくなった歯の代わりとなるものとして使用される人工的なものです。義歯床とは、歯茎や上あごなどといった歯が存在していない粘膜の部分に接触している土台の役割のあるものです。

欠損した部分が少なかったり機能できる部分が残っている場合には、一般的に部分入れ歯が使用されます。どこの箇所がうしなわれているのかということに応じて、形状は大きく異なってきます。人工歯や義歯床に加えてクラスプという三種類からできているタイプです。クラスプは部分入れ歯を利用する際に用いられるもので、入れ歯を支えている部分にひっかけて安定させるということが大きな役割です。クラスプは別名バネとも呼ばれることがあります。必ずしも使用しなければならないというわけではなく、状態によっては使用しないケースもあります。

入れ歯の利用を検討している場合は、事前に歯科医院に相談に行き状態を確認してもらうことが大切です。その上で医師と相談しながら、自分に合ったものを選択するようにします。

たかすぎ歯科のアイコン

総入れ歯と部分入れ歯

健やかな老後を送る為には、1本でも多く自分の歯をキープするべきですが、もし歯が抜けたりかけたりしても入れ歯をすることでカバーすることが可能です。この場合、総入れ歯と部分入れ歯という選択肢があります。どちらにもメリットとデメリットが存在するので、歯科医院に相談しながら、それぞれの特徴を良く把握したうえで自分に合った答えを出しましょう。

まず総入れ歯をすることもメリットですが、食事の時にしっかりものを間で飲み込むことができるようになるという点を挙げることができます。しっかり小さくかみ砕くことで、喉をつまらせるリスクもなくなるでしょう。会話をする時にも相手が聞き取りやすくなるので、意思の疎通も円滑に行くはずです。デメリットは保険適用外の場合は機能性やメンテナンスに優れているものの、料金が高くなるという点でしょう。保険適用外のリーズナブルなものの場合は、やはり臭いや汚れが付着しやすい点と、半年経過しないと作りなおせない点などがあります。

部分入れ歯のメリットは、歯を削らずに済む点と総入れ歯よりも安い料金で作れるという点です。デメリットは、どうしても異物感を感じやすいということでしょう。取り外し式なので、必要最小限の着用にすることはできます。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約