申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

予防歯科

歯に関する情報を更新してきます

一覧

フッ素塗布とPMTC

POSTED ON・2019年2月21日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

フッ素塗布

虫歯は虫歯の原因になる虫歯菌が生成する酸などが、歯の表面上に存在しリンやカルシウムといった物質により成り立っているエナメル質が溶かされてしまう事で生じます。

健やかな口内環境であれば、自然に分泌されている唾液が虫歯菌の酸などにより溶かされてしまったエナメル質を再石灰化し元通りにする事ができるのですが、口内環境の変化により唾液で再石灰化できなくなった際はフッ素塗布を施して再石灰化を促します。

フッ素塗布は歯科医院にて施して頂く事ができ、より良いのは1歳の子供の口内にて前歯が生えてきたタイミングから始める事です。

前歯が生えてきたタイミングから、歯科医院にて定期的に歯科健診と共にフッ素塗布を行って頂くといったケアを行うようにすると、虫歯の予防や虫歯になりかけている歯の再石灰化に繋げられる上に、以後虫歯が生じにくい歯が得られます。

また、歯科医院で定期的にフッ素塗布を受ける事と同時に行うと尚良いのが、家庭でフッ素が配合されている歯磨き剤を使用して歯磨きをしたり、スプレーやジェルを歯磨き後の仕上げとして使用し自宅でも予防歯科に努めるケアです。

一方、歯科医院でフッ素塗布を行う場合は歯ブラシもしくは綿球で1本ずつ塗布したり、歯に対しトレーをはめ込む方法で行われます。

たかすぎ歯科のアイコン

PMTC

PMTCは、歯科医院で行われている歯のクリーニング方法の一つです。専門家による機械を用いた歯の清掃という意味があります。

PMTCの大まかな手順は、プラーグと呼ばれる歯面に付着している汚れを落としていくということが初めに行うことです。歯石が付着しているときは、機械や手専用の器具を用いて歯石を取り除いていきます。7,000回から10,000回ほど回転する特殊な機械を使用して、普段のブラッシングだけでは落とすことができない頑固な汚れをしっかりと落としていきます。このような工程を取り入れることで、口の中で細菌によって作られる”バイオフィルム”と呼ばれるものを取り除くことが可能です。”バイオフィルム”を剥がすことで、歯の表面がつるつるになって細菌や汚れの付着を予防することができます。

汚れを落としたら、次は歯と歯の隙間の清掃です。このときに使う器具は歯間ブラシやフロスなどです。子どもの頃に比べて大人になるにつれて、歯同士の隙間に虫歯が起こりやすくなります。汚れが溜まった状態になると虫歯だけでなく歯周病の原因となる菌も増えていくので注意が必要です。

歯と歯の隙間を綺麗な状態に掃除したら、最後にフッ素を塗っていきます。歯科医院で使用されているフッ素は、9,000ppmと非常に高濃度です。市販されている歯磨き粉にもフッ素が含まれている場合がありますが、その量とは比較にならないほど濃度が高くなっています。日常の歯磨きでは低い濃度のものを使用し歯科医院では高い濃度のものを使うことで、よりいっそう高い効果を発揮させることが可能です。結果的に歯面を強くして虫歯や歯周病などに強い環境を整えていくことができます。


最良の治療は「予防歯科」

POSTED ON・2019年2月17日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

最良の治療は「予防歯科」

歯科医院へ行くのは歯が痛くなったからとか、歯が動いてしまってからというのが当然のことだと思われてきたのです。今は虫歯や歯周病になってからではなく、あらかじめ病気にならないようなケアをしていく予防歯科がすすめられています。永久歯は上下で28本で80歳の時点で自分の歯が20本残ることが推奨されていますが、その割合を保っているのは、平成23年度の調査で約38.3%で目標を達成している人は少ないのです。歯を失う1番の原因となる歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身の病気と大きな関わりがあると言われています。それなので歯科医院へ行くのは治療の為ということではなく、歯の健康管理の為に歯のメンテナンスをして行くことが予防歯科になるのです。自分では毎日きちんと時間をかけて、しっかりと歯磨きをしていると思っている人は多くいます。しかしその思い込みだけでなく歯科医院で歯磨きや、適切な歯ブラシを使っての指導を受けていくことで虫歯や歯周病の予防になっていくのです。定期的に口の中の健康状態を歯科医院でチェックしていくことで、健康な日常生活をおくることができるようになります。予防歯科は大人はもちろんですが、予防歯科は赤ちゃんに歯が生え始めた時から、歯の健康に対して考え始めるのです。

たかすぎ歯科のアイコン

バイオフィルム

バイオフィルムは、口の中にある細菌の集合体で、粘性のある細菌膜です。自然界にはこのバイオフィルムはいたるところに見られ、台所などの排水口や三角コーナーなどに付着しているぬめりもこの一種です。バイオフィルムには虫歯菌や歯周病菌が多数存在しているため、歯科医院で取り除く必要があります。

歯科医院でバイオフィルムを取り除くには、プラークコントロールと言われる歯垢の除去をするのが効果的です。歯科衛生士によるクリーニングを受けることで、ブラッシングやデンタルフロスなどによって取り切れなかった歯垢をすっきりと落とすことができます。

バイオフィルムは虫歯や歯周病だけでなく、全身に様々なデメリットをもたらします。糖尿病をはじめとする成人病もバイオフィルムが原因になっていることも少なくありません。アレルギーや皮膚疾患、掌蹠膿疱症などもこのバイオフィルムが原因となって起こることがあります。

歯垢をそのままにしておき、口の中が菌の温床になることでその影響は全身に及びますので日頃のプラークコントロールをすることが重要です。自宅では、染色液をつかって磨きのこしの内容に注意し、日頃のメンテナンスは歯科クリニックでクリーニングをするのが良いでしょう。

バイオフィルムは放置すると、免疫系に作用して人体に甚大な悪影響を及ぼします。血流に入り込むと動脈硬化の原因になることもありますので、食事をしたら必ず歯磨きやデンタルフロスでお手入れをして、定期的に歯科医院でしっかりとクリーニングをするのがポイントです。虫歯が無くても、歯石除去の為の定期検診はバイオフィルムの除去に効果的ですので、何もなくも歯科医院を受診するようにしましょう。


お口の健康を守るために

POSTED ON・2019年2月13日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

お口の健康を守るために

予防歯科とは虫歯になってからではなく、その前に歯科医院に行って適切な指導や治療(プロフェッショナルケア)を受けることです。それに加えて毎日のセルフケアを実践します。そのためにもまずは定期的な歯科検診を受けることが重要になってきます。

近年日本でも注目され始めている取り組みですが、欧米特にアメリカ合衆国では保険制度の関係から歯科治療に高額な治療費が必要となるため、歯科医院で定期検診を受けることが習慣化されて来ています。基本的には歯が生え始めた時期から歯の健康を意識して取り組むことが大切で、歯を失うことによって起こるQOLの低下を防ぎます。

毎日一生懸命歯磨きをしていても虫歯になってしまったという経験を持つ方は多いですが、原因は磨き残しによるプラークの付着にあります。ですから具体的にはそれを残さないような正しい磨き方、全体にではなく1本1本丁寧に横にスライドではなく縦に小刻みに歯ブラシの先端や底部分を上手く当てて磨く方法などを手鏡を見ながら歯科医院で指導してもらいます。また歯ブラシ自体にも大きさやブラシの硬さなど様々な種類があるので、今の自分の状態に最も適しているものを教えてもらえます。

次に歯磨き粉選びもポイントで、虫歯に困っているという方はフッ素成分を多目に配合されているもの、黄ばみに悩んでいるという方はエナメル質に働きかけるもの、歯肉炎や歯槽膿漏になってしまっている方は炎症を抑える薬用成分を重視しているタイプを選ぶことでその改善が期待できます。

そして仕上げに歯ブラシが届きにくい歯の隙間には、デンタルフロスを使うことでプラークの全体量を大きく減らしていつまでも口腔内の健康を保つことに繋がります。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約