申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

審美歯科の種類②

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

審美歯科の種類②

POSTED ON・2019年5月12日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

ジルコニア

見た目と強度や耐久性の両方に富んでいるのがジルコニアを使った白い善歯です。歯科医院では審美歯科に当たるので自費治療となりますが、自然な白さで違和感がないとコストも手の届く範囲内で用いられることが多いです。ジルコニアとはセラミックの一種で、白く高温や強度が優れていますし生体にも親和性が高い素材です。そのため、口内という刺激や温度や湿度で厳しい環境でも手入れをすれば長く健全に保つことができて、さらに人間の体にも優しいというメリットが魅力です。白く自然の歯と似せた色に仕上がるので治療した歯とは気づかれにくいです。そのため、治療で使える場面が多く、目立つ前歯から噛むときの力がかかる奥歯にも使えます。また、詰め物だけではなく、全体を覆う場合でも周りの歯から浮くことなくきれいな白い歯に見せることもできます。ジルコニアには一切金属は使用されていないので、金属アレルギーがある方も安心して使えますし、金属を長年使うことで金属イオンの溶けだしで黒ずんでしまう歯茎にも負担がないのもメリットです。歯科医院の多くで扱っている審美の素材ですので、比較的どこでも相談や治療をしてもらいやすいのもジルコニアの利点です。

たかすぎ歯科のアイコン

ハイブリッドセラミック

銀歯の被せ物の場合、ギラギラと光って目立ってしまい大きく口を開けて笑うことができない、と審美面を気にする人も少なくありません。そんな悩みを解決できるのがハイブリッドセラミック治療です。ハイブリッドセラミックは、セラミックとプロラスチックを混ぜた被せ物で、金属を一切使用していないのが特徴です。この治療を受けることで銀歯から自然な白い歯に変えることができます。レジンよりも変色しにくく自然に仕上がることと、セラミックよりも安価なことが利点ですが、その反面完全なセラミックではないので透明感に欠けることは否めません。そのため前歯の治療には用いない歯科医院が多いです。また長期的に使用した場合には変色が起こるという欠点も持っています。しかし強度があるので、奥歯など大きな力が加わる部位にも使用できるのが最大のメリットで、ハイブリッドセラミックは、壊れやすいというセラミック素材の弱点を克服した素材であると言えます。

またハイブリッドセラミック治療には、保険適用内で受けられる治療が一部存在する為、費用を抑えて白い歯を手に入れることができるというメリットも存在します。そして金属を使わないのでアレルギーの心配もありません。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約