申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

矯正装置の種類と流れ

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

矯正装置の種類と流れ

POSTED ON・2019年4月26日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

矯正装置の種類

歯科医院で行われている矯正治療には様々な種類があります。

ワイヤー矯正は最もオーソドックスな矯正方法です。

1つ1つの歯に矯正装置を付け、装置をワイヤーで固定して歯並びをきれいにしていきます。

ワイヤーで歯を引っ張ることで少しずつ歯が移動します。

矯正には歯の表面に装置を付ける方法と、歯の裏側に装置を付ける方法があります。

歯の裏側に矯正装置を付ける方法を裏側矯正と呼びます。

マウスピース矯正は、取り外しができる透明なマウスピースを使った歯列矯正法です。

患者の歯型を取り、理想の歯並びに近い模型を作成して歯型に合ったマウスピースを製作します。

マウスピースを数週間装着することで、マウスピースの形に歯並びが矯正されます。

歯が徐々に移動して作成した模型と同じ歯並びになります。

数回繰り返すことで、最終的に計画した理想どおりの歯並びに近づいていきます。

昔から行われてきた歯列矯正は歯を抜くのが一般的ですが、マウスピース矯正は基本的に歯を抜かずに行われます。

軽度の歯列矯正を行う場合は、短期間の治療期間で済みます。

最近は社会人になってから歯の矯正治療を行う人が増えています。

マウスピース矯正は取り外しができるので、食事も普通に摂ることができます。

費用も普通の歯列矯正より安く抑えられるため、社会人に人気があります。

インプラント矯正は、矯正治療用に作った特殊なインプラントを骨に埋め込む方法です。

骨に小さなスクリューを埋め込み、歯を動かす際の固定源にします。

インプラントという名称が付いていますが、歯を失った人が行う通常のデンタルインプラントとは違います。

使用されるインプラントはデンタルインプラントより小さく、矯正治療が終われば抜きます。

インプラント矯正には多くのメリットがあります。

まとめて歯を移動することができるため、治療期間を短縮することが可能です。

奥歯を後ろに動かすことは不可能だと考えられてきましたが、インプラント矯正だと奥歯を後ろに動かすことができます。

たかすぎ歯科のアイコン

矯正歯科知慮の流れ

歯科医院で矯正治療を受ける場合、治療前にカウンセリングがあります。

初診相談は歯科治療の第一歩となる重要なものです。

口腔内の状態を丁寧にチェックし、適切な治療計画を立てます。

カウンセリングが終わると精密検査を行います。

精密検査の時間は各歯科医院によって異なりますが、一般的に1時間から1時間半ほどで終わります。

精密検査の内容はCT撮影や口腔内の写真撮影がメインです。

カウンセリングの内容と精密検査の結果をもとに、歯科医が診断結果を説明します。

患者の症状や悩みに合う治療方法を伝え、矯正治療の方針と治療計画について詳しく話します。

治療について心配な点があれば、納得できるまで説明を受けられます。

治療計画が決まると、矯正費用の見積もりを案内します。

歯科医が提示した治療計画と見積もりに納得できた場合は、矯正治療に進みます。

矯正治療では歯磨きが重要になります。

一般的な矯正装置は取り外しができないため、歯磨きが難しくなります。

治療中に虫歯や歯周病にならないように、歯科衛生士が徹底的に歯磨き指導とクリーニングを行います。

動的治療は個人差がありますが、1年から2年程度です。

歯の移動期間の通院は、4週間から8週間に1度くらいになります。

歯が移動した後は、移動した歯を骨の中で安定させます。

歯を安定させるための装置を使いますが、装置は治療前の状態や患者の好みによって使い分けます。

最近は透明なマウスピースタイプの装置もあります。

マウスピースタイプだと取り外しが可能なので、仕事を持っている社会人に好評です。

安定期間中は3ヶ月から半年のペースで歯科医院に通うことになります。

安定期間を無事に過ごすと、噛みあわせの確認を含む最終検査を行います。

検査が完了して何も問題がなければ、全ての治療が終了します。

歯科医院では矯正治療が終わってもアフターフォローを行っています。

何か問題が起きたら速やかに診断をしてくれるので安心です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約