申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

子供が歯科医院で検診や治療を受けるときのポイント

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

子供が歯科医院で検診や治療を受けるときのポイント

POSTED ON・2019年4月18日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

子供が歯科医院で検診や治療を受けるときのポイント

子供が歯科医院で検診や治療を受けるときには、子供が嫌がらないこときちんと検診が治療を受けられるようにすることが大切です。

まずは、子供の興味や性格に合った言葉や声かけ問いかけから入ることで検診や治療に対しての恐怖心を少なくしてあげます。歯が生える前の年齢の子供には保護者の方同伴でお互いに声かけや抱っこをしながら丁寧に接します。

治療に入るときには、子供のアレルギーや過去の歯科検診等での異常がないかを確認した上で始めます。吐き戻しや眠ってしまうのを避けるため満腹時は避けたほうが良いでしょう。

治療中や麻酔を行うときなどには、医者や自分の唇や舌を噛んでしまわないように、しっかりと口を広げてあげることも必要です。ミラーや機器について実際に子供に見せながら、「これはこう使うよ」「いまからこれをお口の中に入れるよ」とミラーや機器に恐怖心を持たない声かけも同時に行います。

検診や治療後には、歯ブラシによる正しいブラッシングを鏡を使って教えます。デンタルフロスで既についている史跡や虫歯菌を取り除くこともあります。

歯科医院ではフッ素添付をしてもらうのもポイントです。虫歯を頻発している子供には、唾液検査を行って虫歯のきっかけとなるミュータンス菌の有無や虫歯を進行させているラクトバチラス菌が発生していないか調べることもあります。菌が多いときにはフッ素の使用回数を増やすことがポイントです。

たかすぎ歯科のアイコン

子供のための予防歯科とフッ素を塗る理由

歯科医院等で塗布されるフッ素が虫歯に効果的であることをご存知の方は多いと思いますが、具体的にどのような効果があるのか・効果的な使い方を良く知らないという方も多いのではないでしょうか。今回は、小児歯科の観点からフッ素の効果や安全性・使用方法など、役に立つ情報をご紹介します。現在、多くの歯磨き剤に配合されているフッ素は歯の再石灰化を促すことで歯を修復し、酸に溶けにくい歯をつくる効果や虫歯の原因となる菌の働きを弱める効果があるため、永久歯に比べ抵抗力の弱い乳歯や生えたての歯の虫歯予防に特に効果的だとされています。また、虫歯予防のために使用する量であれば人体に影響は少ないといえます。歯科医院などでフッ素を塗布する場合は1歳半頃から行うことができ、1年間に3回から4回を目安に行うことが理想です。また家庭でも歯ブラシを使ってフッ素配合ジェルを塗布することが可能です。この場合は毎日使用することができるため、普段自宅で使用する歯みがき粉をフッ素入りのものに変え、歯磨き粉とジェルを併用して使うこともおすすめです。フッ素を塗った後は30分から1時間程は飲食を避けることが基本です。口の中に少量のフッ素が留まるように軽くうがいをすることが大切です。フッ素の適量は年齢によって変わります。歯科医院と相談のうえ、年齢に合わせた正しい使用方法を行い、早い時期から子供の大切な歯の健康を守りましょう。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約