申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

歯周病の基本治療

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

歯周病の基本治療

POSTED ON・2019年2月5日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の基本治療

歯周病は、歯周すなわち歯の周囲にある歯肉やセメント質といった組織が病変することによって起こる疾患です。出血や口臭などの原因となるばかりでなく、重症化すると歯を失うこともあります。少しでも異変を感じたらすみやかに歯科医院を受診することが大事です。

歯周病の治療法は病変の起きた部位等によって異なりますが、症状の程度に関わらずまず初めに行われる治療というものがあり、基本治療と呼ばれています。その1つが、プラークコントロールです。プラークとは歯垢のことをいいますが、簡単に言えば歯の表面や歯周ポケットなどに付着した口腔内の細菌の塊です。この細菌が歯肉などの炎症を引き起こすことが、歯周病の最大の原因です。

プラークコントロールでは歯垢の量を減らし、歯周病の発生リスクを低下させることを目指します。具体的には自宅でのセルフケア、つまり歯磨きが基本となります。歯科医院では治療の一環として、歯垢をしっかり確実に落とせるようブラッシング指導を行います。ただ、歯周ポケットの深いところに溜まった歯垢は、ブラッシングでは取り除くのが難しいことがあります。このような場合は、歯科医院において専門機器を使ったPMTCと呼ばれるクリーニングを行います。

なお、歯垢は時間が経つと唾液の作用によって石灰化し、通常の歯磨きでは簡単に落とせなくなってしまいます。このような状態を歯石といいますが、スケーラーと呼ばれる専門機器を使えば取り除くことができます。この処置をスケーリングといい、やはり基本治療の1つに数えられています。スケーラーにはいくつかの種類がありますが、音波による振動を利用して歯石を破壊するのが基本原理となっています。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の外科治療

重度の歯周病の患者さんなど、基本治療を歯茎に施しても歯石を取り除くのが困難なときには歯科医院で外科的治療を行う場合があります。歯周病の外科治療にはフラップ手術という歯茎を切開して歯周病菌により感染している組織や歯石を取り除く方法や、GTR法と呼ばれる歯石などを取り除いた後に、歯周病により溶けた歯周組織と骨をなるべく元に戻す歯周組織再生療法などが挙げられるのです。

基本治療ではスケーラーを歯周ポケットに差し込んで歯石や歯垢をかき取りますが、深い歯周ポケットの場合はスケーラーが届かないので全部除去するのは難しいと言えます。フラップ手術では最初に歯肉を部分的に切り開いて、歯を支持する歯槽骨や根本が見える状態にするのです。その状態になってから、スケーラーを利用して歯茎の奥にある歯周病菌により感染している組織や歯石を除去して、歯肉を最後に元の状態に縫い合わせます。ちなみにフラップ手術を受けると綺麗な状態の歯の根本にすることが可能なので、健康な歯茎の状態に回復していく訳です。

GTR法は歯周病が原因で溶けた歯周辺の必要とされる組織と骨を再生させて、可能な限り健康な状態に回復させるための治療方法になります。歯周病の歯周ポケットを基本治療で綺麗な状態にしても、骨が溶けた部分は回復しません。どうしてかというと歯肉の方が骨より回復する速度が速いため骨が修復するための空間を、歯肉が先に塞いでしまうためです。

ですので骨があった空間に歯肉が浸入してこないように人工膜を覆いかぶせて、骨が回復する空間を確保します。その部分にCGFと呼ばれる骨を構成する養分や人工骨を入れ骨の修復する働きを促進します。1度溶けた歯周組織や骨を完全に回復させることは出来ないのですが条件が合うと、ある程度は回復させることが可能です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約