申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

歯周病は全身に影響を及ぼす

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

歯周病は全身に影響を及ぼす

POSTED ON・2019年2月1日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病は全身に影響を及ぼす

歯周病の影響は口の中だけだと思っている人は多いかも知れませんが、実は全身に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのひとつに心臓病があり、狭心症や心筋梗塞などがあげられます。

歯周病原因菌は動脈硬化を誘導する物質を出す原因にもなり、これらが心臓病の原因となるのです。

血管に悪い影響を及ぼすということは、脳卒中の危険性を高めることにも繋がります。

歯周病原因菌の影響により、血管の状態が悪くなれば脳卒中を引き起こしやすくなり、心臓と同じように脳にも悪影響を及ぼすことがあるのです。

女性であれば出産をする時に早産の危険性が高まるという研究結果が指摘されています。

これも歯周病が全身に悪影響を及ぼす事例のひとつであり、低体重児及び早産につながっていると考えられています。

更に歯周病の影響は妊婦にとって、タバコやアルコール、高齢出産よりも高いとされているだけに妊娠をしている女性は決して無視をすることができます。

歯周病は誤嚥性肺炎の原因にもなっていると言われています。

誤嚥性肺炎と歯周病の関係は、誤嚥性肺炎の原因となる細菌はそのまま歯周病の原因となる細菌と同じであることから、歯周病にかかっている人は誤嚥性肺炎にもなりやすくなっているということになるのです。

同様に気管支炎もまた歯周病が関係してくることもあるため、たかが歯周病だと考えていると全身のありとあらゆるところに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

歯周病がただちにこれらの悪影響を与えるというわけではありませんが、放っておけばいつこのようなことになるのかは分かりません。

歯周病は放置せずに、歯科医院でしっかりと治療をしてもらい、常に口の中は健康な状態を保つようにしましょう。

たかすぎ歯科のアイコン

歯周病の概要とよくある症状

歯周病は国民病とも呼ばれているもので、日本人に多くみられる病気です。最近による感染により炎症が引き起こされていきます。歯肉と歯との隙間の部分がしっかりと清潔な状態に保たれていないと、その部分にたくさんの細菌が蓄積していき歯肉周辺の範囲で炎症が起こります。痛みが出るということは少ないため気づかないというケースも多いです。観察できる症状としては、腫れあがったり赤くなるということが挙げられます。症状が進んでいくと歯肉と歯の境目のことを意味する歯周ポケットと呼ばれる部分がだんだんと深くなっていき、歯を根本からサポートしている歯槽骨というところが溶けることによって次第に歯がぐらついていきます。そのままの状態に放置していると、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。

人間の口の中には常に300種類から500種類程度の細菌がいます。通常の状態であれば細菌がいても特に問題はありません。しかしきちんと歯磨きをしていなかったり甘いものをたくさん食べていると、次第に口の中がねばねばした状態になっていきます。このねばついた物質が表面に付着すると、ぴったりと貼りついて単に口をゆすいだだけでは落とせなくなります。この物質の作用により歯周病や虫歯が発生するということが知られているため、このような状態になる前にしっかりと対策をしておくことが大切です。歯垢となって貼りついている状態のものは、定期的に取り除いていかなければどんどん硬くなっていきます。症状が進行していくと歯石と呼ばれるものに変化し、普段のブラッシングのみでは落とすことができなくなります。歯石を取り除きたい場合は、歯科医院に行って治療をしてもらうことが重要です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約