申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

虫歯になりやすい子供の生活習慣

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

虫歯になりやすい子供の生活習慣

POSTED ON・2019年1月8日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

虫歯になりやすい子供の生活習慣

虫歯になりやすい子供は、甘いものばかり食べていると思うかもしれません。確かに甘いものは虫歯の原因となり、特に清涼飲料水を好んで飲んでいるお子さんには注意です。食事の回数は1日3回だとしても、こまめにジュースを飲んでいれば、口内に常に糖分が存在することになります。糖質の摂取量だけでなく、頻繁に摂取していることが原因で虫歯になることが多いです。そうした意味では10時や3時のおやつは、避けたほうが安心と言えるでしょう。ただ、これは現実的には難しいことでしょうから、食べたあとはうがいをするように促してあげるのがいいです。食事のあとは歯磨きをするのが基本ですが、お菓子タイムのあとも磨くとなれば面倒です。うがいをするだけでも糖分を洗い流すことができるので、虫歯のリスクを抑えることができます。

間違った歯の磨き方も虫歯を促進させるので注意してください。特にお子さんは正しい磨き方を認識していないことが多く、大人以上に歯垢が付着しているケースが少なくありません。歯垢が増えると口臭の原因となりますし、将来的に歯周病のリスクにもなります。あまり噛まずに飲み込む癖のあるお子さんも、虫歯のリスクが高いと考えてください。しっかりと噛むことは唾液の分泌を増やしてくれますし、顎を強化することにもつながります。やわらかい食べ物ばかり食べていると、虫歯のリスクが高くなるので注意しましょう。硬いものを食べることで咀嚼力が強くなりますし、歯の強度を高めることになります。歯には適度な負荷を与える状況が好ましいため、食べるときはよく噛むように指導してあげましょう。噛むことで唾液分泌が増えて、飲食物の消化をサポートするメリットも期待できます。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約