申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

大人の虫歯になりやすい人の生活習慣

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

大人の虫歯になりやすい人の生活習慣

POSTED ON・2018年12月31日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

大人の虫歯になりやすい人の生活習慣

きちんと歯磨きをしても、虫歯になりやすい人は生活習慣に問題がある可能性があります。虫歯は遺伝と考えがちですが遺伝とは直接関係ありません。むしろ生活習慣が大きな原因です。その一つが甘い物のとりすぎです。甘いものが好きでよく食べる人は虫歯になりやすいことが知られています。虫歯の菌は糖分が大好きなので、口の中の糖分を栄養にして増えていきます。特に甘いものをダラダラと食べる人は要注意です。口の中は普段は中世ですが、甘いものをダラダラと食べていると酸性に傾きます。酸性に傾くと歯からミネラル分が溶け出してしまいます。長い時間ジュースやお菓子を食べることは厳禁です。一度食事をしたら2時間から3時間は間隔をあけるのが好ましいとされています。大人の生活習慣病として糖尿病が知られています。糖分のとりすぎやカロリーのとりすぎは体だけでなく、歯にまで影響します。虫歯が気になる人は、一度生活習慣を見直してみるとよいでしょう。また歯磨きの回数が少ないこともなりやすい原因のひとつです。虫歯菌はプラーク(歯垢)と呼ばれる最近の塊を形成して増殖していきます。歯磨きの回数が少ないと、プラークが歯についたまま長時間過ごすことになります。その結果、菌が増殖してしまいます。歯磨きに最適な時間帯は朝起きたときです。夜寝る前の歯磨きも重要ですが、朝起きたときも歯磨きをきちんとする必要があります。口の中の細菌は、夜寝ている間に増殖しています。朝起きたときにきちんと細菌を落とすことで虫歯を予防することができるのです。歯医者にあまり行かない人も要注意です。定期的に歯医者に通っていれば小さい虫歯のうちに治療ができます。こまめに歯医者に通って口の中を点検してもらうことも必要です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約