申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

むし歯は自然に治りません

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

むし歯は自然に治りません

POSTED ON・2018年12月15日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

むし歯は自然に治りません

「虫歯」は、歯垢の中に棲む「虫歯菌」が口腔内の食べ物のカスを分解して放出する酸によって歯のミネラルが奪われて次第にスカスカになり最終的には穴まで開いてしまう可能性がある病気です。そのため、その最終段階まで進んでしまった「虫歯」は当然自然には治りません。そのため、専門家である歯科クリニックに出向きその治療を行わなければその症状が良くなることは決してありません。その際にはその治療を開始する地点が早ければ早いほど最終的にその負担は少なくなるので、歯医者に苦手意識があるという方も早めにその治療を開始することをおすすめします。

なお、実は「虫歯」はその進行度によって「CO」から「C1、2、3、4」の5段階に分類されています。このうち「CO」のものの状態については、白濁や褐色斑が見られるもののエナメル質の軟化や実質欠損が確認できない状態や初期虫歯が「疑われる」が本当にそうかどうかは判定しにくい歯が当てはまります。つまり、この段階のものを「虫歯」と呼んでよいかは非常に微妙と言えますがこの「CO」の歯については再石灰化によって自然治癒が見込まれます。その際にも単に放置するのではなく口腔内の状態を正常化し、再石灰化のスピードが脱灰を上回るようなメンテナンスが見込めるオーラルケアを行うことが必要です。そしてそのメンテナンスを怠ると「CO」だった歯が、やがて歯の表面のエナメル質にまで穴が開いてしまった「C1」の段階にその状態を進行させてしまいます。そしてこの段階になると基本的に再石灰化による自然治癒は見込めない状態であり、この段階以上を「虫歯」と定義するのであれば自然治癒を見込めない病気と「虫歯」を呼ぶことが適切と言えます。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約