申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

しっかり歯磨きをしてるつもりでも虫歯になる理由

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

しっかり歯磨きをしてるつもりでも虫歯になる理由

POSTED ON・2018年12月11日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

しっかり歯磨きをしてるつもりでも虫歯になる理由

歯磨きをしても虫歯になる原因は、様々にあります。そもそもこうした矛盾に苦しむ多くの人が、あくまでも歯磨きをしているつもりでしかないのです。そのため実際にはしっかりと磨けていない箇所が多々あり、そこから徐々に虫歯になっていきます。このつもり状態を脱却するには、正しい歯磨きをちゃんと時間を掛けてしなければなりません。よってまずは歯医者などで指導を受け、できるだけ消耗していない歯ブラシで丁寧に磨いてください。

もし正しく磨けているにも関わらず虫歯になってしまうのであれば、食生活や歯の質の問題もあるでしょう。例えば甘い食べ物を毎日のように食べる人、こういう人には虫歯菌が人一倍潜在しています。甘い食べ物にはショ糖が含まれており、ショ糖は虫歯菌の餌になったり歯を溶かす酸も作るのです。のんびりと間食をすることも良くありませんので、決められた時間に手早く摂るようにしてください。もちろん甘い食べ物そのものを減らせるなら、それ以上のことはありません。

歯の質については、目に見える原因とそうでない原因があります。目に見える原因とは歯並びのことで、歯並びが悪いとその隙間などで虫歯菌が繁殖します。また目に見えない原因には歯を形成する成分があり、虫歯になりやすい人はエナメル質や象牙質が不足していることが多いです。しかしこういったことは歯の形成段階で意図せず起こることで、その歯の持ち主本人には基本的にどうすることもできません。何故エナメル質や象牙質が不足するのか、未知な部分が大半なのです。ですからこればかりは自分の体質だと割り切り、定期的に歯医者に行くことで虫歯を予防した方がいいでしょう。歯磨きが正しくできているかの確認も含め、月に1回は診察を受けておくと安心です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約