申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

“広くて浅い”虫歯と“狭くて深い”虫歯

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

“広くて浅い”虫歯と“狭くて深い”虫歯

POSTED ON・2018年12月7日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

“広くて浅い”虫歯と“狭くて深い”虫歯

虫歯には、広くて浅いものと狭くて深いものがあります。いずれにしても、歯医者に行き治療が必要になるところですが神経を抜くほどになるのはやはり狭くて深いものになるでしょう。狭くて深くなるパターンは、時間が経過しており気がつくとずいぶん深いところまで行っている可能性があります。この場合は、神経を抜かなくてはいけない可能性がありますので、十分気をつける必要があるわけです。神経を抜くことにより、歯の強度が若干弱まることも理解しておく必要があります。もし、神経を抜いた場合には、硬いものをかまないなどの工夫が必要です。もちろん、普通に生活している分には自分の歯として機能しますのでそこまで心配する必要はありませんが、まだ神経があったころと同じような状態でものを食べてはいけません。この点が、虫歯を避けなければいけない理由の一つです。

一方で、広くて浅いものは神経を抜くほどではありませんが、全体的に削る可能性もあるでしょう。この場合には、小さいうちに削っておけばそれほど広がることはありません。たいていの場合、上の方にできた虫歯がこれに該当します。問題は、歯と歯の間にできた虫歯です。これは、なかなか気がつくことがないため、気がついたときには深いところまで行っている可能性があります。これらを防ぐには、食事の回数を可能な限り減らすことです。といっても、3回の食事をしっかり食べて無駄に間食をしないことが大事になります。

この点、歯を磨けば虫歯になりにくいと考える人もいます。しかし食事や甘い飲み物を飲む回数が多い場合には、いくら歯磨きをしたとしても再石灰化が追いつかないため虫歯になりやすい傾向があるといえるわけです。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約