申し訳ございません。
たかすぎ歯科クリニックのサイトは横向きには対応しておりません。
縦向きでご覧ください。

府中駅徒歩5分 府中寿町医療モール内の歯科医院

ホワイトニングを行えないケース

歯に関する情報など更新していきます

BLOG / お知らせ

ホワイトニングを行えないケース

POSTED ON・2018年11月25日 / CATEGORY・ブログ

たかすぎ歯科のアイコン

ホワイトニングを行えないケース

白い歯は清潔感があり、笑顔もさらに素敵に見えて相手にも好印象を与えるものです。歯を白くするホワイトニングは、近年さらに注目されており人気を集めています。そんなホワイトニングは、歯科医院で行なわれるオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは、歯の表面の汚れを綺麗に落とした後に、ホワイトニング剤を塗り、レーザーやハロゲンライトやプラズマライトなどを当てることによって、ホワイトニング剤を活性化させて歯の中の色素を分解して白くするのです。一方ホームホワイトニングは、マウスピースを作成して、その中に数時間ホワイトニング剤を入れて歯を白くします。こうしたホワイトニングは、誰でも行なえる訳ではなく出来ないケースもあります。具体的には、前歯に被せ物や入れ歯の人、虫歯治療で大きな詰め物があったり現在治療中の人、知覚過敏や歯周病がある人はホワイトニングを行なうことが出来ません。また、何等かの病気を患っていたり、歯ぎしりをする人や神経を抜いてしまった歯が多い人や歯の色の濃い人なども難しいとされています。その他、14歳未満は出来ないなど年齢制限もあります。このようなことが当てはまったり、何か気になることがあるようであれば、事前に歯科医師ときちんと相談することが大切です。


© 2018 TAKASUGI DENTAL CLINIC.
24時間ネット予約